新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大同生命、札幌ビル建築計画の概要が決定

大同生命が札幌市中央区北三条西3丁目において進めている大同生命札幌ビル建築計画の概要がまとまった。 平成30年春に新築工事を着手し、平成32年(2020年)春に竣工予定。
この計画は、「札幌大同生命ビル」および隣地ビルと一体で建替を行うもの。計画地は、札幌市中心部の主要道路である「札幌駅前通」と「北三条通」が交差する「北三条交差点」に位置し、金融機関や大手企業のオフィスが集積する業務機能の中心地区であるとともに、商業機能の集積エリアでもある。
建替により、建物全体の耐震性、防災性、機能性の向上、省エネルギー化等を推進。また、「にぎわいの創出」や「札幌駅前通地下歩行空間への接続」などの地区計画に適合する建築計画とすることで、札幌市が進める都心まちづくり計画への貢献を図るとともに、市民が利用できる施設の整備を通じて、更なる地域活性化の一端を担っていく。
【計画概要等】
所在地:札幌市中央区北三条西3丁目1-1ほか
主要用途:事務所、店舗
敷地面積:約2,020㎡(約611坪)
延床面積:約24,000㎡(約7,260坪)
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)
階数:地上14階、地下1階
交通:JR「札幌」駅徒歩5分、地下鉄南北線「さっぽろ」駅徒歩2分(「札幌駅前通地下歩行空間」に直結)
※計画概要は、変更となる可能性がある。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SOMPOホールディングス、中期経営計画(2024年度~2026年度)を策定

生保

日本郵政グループ、各社のサービスを1つのIDで~「ゆうID」で新たなお客さま体験を~

生保

大同生命、「新規顧客・販路の開拓/日銀のマイナス金利政策解除」について調査を実施

生保

太陽生命、「渋谷二丁目17地区市街地再開発事業」で複合施設渋谷アクシュを7月8日開業

損保

大同火災、事業活動におけるGHG(温室効果ガス)排出量を開示

損保

SOMPOホールディングス、株式給付信託(BBT)に追加拠出

生保

T&Dホールディングス、2024年3月末市場整合的エンベディッド・バリューの開示

生保

日本郵政、日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命、「JPビジョン2025+(プラス)」を策定

生保

かんぽ生命、中期経営計画(2021年度~2025年度)見直しを策定

損保

東京海上日動、お客様への価値提供の拡大に向けた「レジリエンス」の取り組みを公表

関連商品