シンニチ保険WEB

第一生命、健康長寿社会に対応したスマートフォン向けアプリ『健康第一』をレベルアップ

第一生命は、本年3月より提供している健康増進をサポートする無料スマートフォンアプリ『健康第一』について、利用コンテンツを大幅にレベルアップした。近年、65歳以上人口が過去最多(4人に1人)となり、高齢化社会が急速に進行している。また、国民医療費も9年連続で過去最高を更新し、「健康寿命の延伸」が国家的課題となっている。こうした健康長寿社会への移行を踏まえ、顧客の「健康増進」と「QOLの向上」に貢献するため、IT 技術を活用した健康増進サービスを提供する。同社では、ナショナルセンターである5つの医療機関と包括連携協定を締結し、全国47都道府県と結ぶ連携協定等を通じて、地域の皆さまへの健康・医療に関する最新情報の提供や予防啓発に取り組んでいる。今後も、こうした健康増進サポートの取組みをより一層強化し、積極的に展開していく。
■『健康第一』アプリのレベルアップ機能概要
今回のレベルアップでは、毎日の健康づくりのサポート機能に加え、健康状態の改善状況をチェックするコンテンツを充実させた。
機能1.健康診断書にスマートフォンのカメラをかざすと自身の健康年齢と健康タイプを判定
機能2.「年齢・BMIの変化」に加え、「喫煙習慣」「飲酒習慣」「白髪化」のシミュレーションも可能に
機能3.タニタ食堂、FiNC動画のレシピを提供。ヘルシーメニューや体調に合わせた食事のきっかけに
機能4.食事をスマートフォンのカメラで撮影すると、摂取カロリーと栄養素を算出
機能5.家族全員の服薬状況などをひと目で把握でき、服薬の時間や通院予定日をアラームで通知

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、内幸町一丁目街区南地区第一種市街地再開発事業の施行認可が決定

生保

第一生命、ミレニアル世代向け「デジホ」の新商品を第一スマート少額短期保険より提供開始

生保

第一生命、大阪大学大学院国際公共政策研究科と連携協定を締結

生保

第一生命、クリーンエナジーコネクトへ投資

生保

第一生命、企業年金新商品「特別勘定 総合口戦略的資産配分型」を発売

生保

ネオファースト生命、健診結果改善サポートアプリ「Neo コーチ」を提供開始

生保

第一生命、Ubie社へ5億円投資

生保

第一生命、団体保険新商品あんしんマイパッケージを発売

生保

第一生命、【インパクト投資】READYFOR株式会社に投資

生保

第一生命、JR「関内」駅前に「横浜市旧市庁舎街区活用事業」を着工