シンニチ保険WEB

プルデンシャル・グループ生保3社の社員と家族15,738人がボランティアに参加

プルデンシャル生命、ジブラルタ生命、PGF生命は、10月7日(土)に、インターナショナル・ボランティア・デー(※)を迎える。今年は全国の社員とその家族、総勢15,738人が、さまざまなボランティア活動に参加する。
今年、3社はそれぞれ、九州北部豪雨被災地ならびに東北被災地の復興支援活動や、老人介護施設・障がい者福祉施設などでの利用者との交流や清掃活動、緑農プログラムなどに取り組んでいる。
3社の親会社である米国プルデンシャル・ファイナンシャルは、本業を通じて「経済的な保障と心の平和」を社会に提供すると同時に、会社が事業を行う地域コミュニティに貢献し支援しており、日本の生命保険会社3社は、プルデンシャル・グループの一員として、ボランティアを通して社員とその家族が地域とボランティア活動への理解を深め、継続的にボランティア活動に取り組むきっかけにしてもらいたいと考えている。
※2017年より、名称を「グローバル・ボランティア・デー」から変更。

関連記事(保険業界ニュース)

共済

こくみん共済coop〈全労済〉、「2022年こくみん共済coop地域貢献助成」を募集

損保協会・団体

損保協会、軽消防自動車、高規格救急自動車を全国に19台を寄贈

生保

ジブラルタ生命、新サービス「電子通知」を開始

生保

PGF生命、十六銀行で「米国ドル建終身保険(保険料円払込型)」を販売開始

生保

フコクしんらい生命、会津信用金庫と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

富国生命、「すまいる・ぎゃらりー」を開催

生保

ジブラルタ生命、教員の意識に関する調査2022を実施

生保

明治安田生命、「愛と平和のチャリティーコンサート2022」および三枝 成彰氏による音楽授業「未来を奏でる教室」を開催

生保

富国生命、富山信用金庫との贈呈式を実施

損保

SOMPO環境財団、2022年度環境分野の博士号取得支援「学術研究助成」助成先の決定