新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

太陽生命が『100歳時代年金』を発売

太陽生命は、10月1日から、元気に長生きするシニアを応援する保険『100歳時代年金』を発売する。
この『100歳時代年金』は、「長寿生存年金保険」と「終身生活介護年金保険」を組み合わせることができる商品。「長寿生存年金保険」は、一生涯にわたって年金を受け取ることができるものであり、死亡時の保障を無くし、解約払戻金を抑えることにより、多くの年金を受け取ることができる仕組みとなっている。「終身生活介護年金保険」は、介護を必要とする状態となった場合に、一生涯にわたって介護年金を受け取ることができる。一生涯の年金保障に加えて、万が一、要介護状態になった場合には、さらに多くの年金を受け取ることで、「人生100歳時代」のリスクに備えることができる。
1.正式名称
無配当終身生活介護年金保険〔I型〕(無解約払戻金型)(001)
無配当長寿生存年金保険(低解約払戻金型)(001)
2.特徴
(1)ダブルの年金で長生きへの万全な備え
一生涯の年金保障と介護年金保障をセットにすることで、老後の生活資金だけでなく、万が一の介護費用に対しても備えることができる。
(2)一生涯にわたり年金が受け取れるので、長生きするほど受取年金総額が多く
長寿生存年金保険(支払保証期間付終身年金)は、一生涯年金を受け取ることができる。また、終身生活介護年金保険〔I型〕は、支払事由に該当した場合に一生涯年金を受け取ることができる。長生きするほど受取年金総額が多くなる。
(3)死亡保障をなくし、解約払戻金を低く設定することにより、将来の年金受取額を大きく
「長寿生存年金保険」は、死亡保障をなくし、解約払戻金を低く設定することで、年金受取額を大きくしている。
(4)総合保険料払込免除特約を付加することで、いざというとき保険料の払い込みが免除
所定の要生活介護状態等だけでなく、がんなどの3大疾病や重度の糖尿病など所定の状態に該当した場合には、以後の保険料の払い込みは不要となる。
(5)最高85歳まで加入できる
「人生100歳時代」の準備として、加入年齢範囲を85歳まで拡大することで、より多くの人が加入できるようになった。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命少子高齢社会研究所、経済産業省主催「オレンジイノベーション・プロジェクト」参画企業に採択

生保

太陽生命、大同生命、富士フイルムホールディングスが発行する「ソーシャルボンド」へ投資

損保

東京海上日動、【国内初】カーボンクレジットの購入企業向け専用保険開発

生保

太陽生命、くつきの森林(もり)『いきもの集まれ大作戦!』を実施

生保

太陽生命、特別協賛するJAPAN RUGBY CHALLENGE SERIES 2024の詳細が決定

損保

SBI損保、雹災害による車体損害の確認へ

損保

あいおいニッセイ同和損保、「au海外放題/世界データ定額専用海外旅行保険」を提供開始

生保

太陽生命、デジタル技術を活用した営業端末を開発

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、企業向け火災保険で「再発防止費用補償特約」を販売

損保

あいおいニッセイ同和損保、ぺット保険に新サービスお散歩ナビサービス「ALKOO withわんこ」を共同開発

関連商品