シンニチ保険WEB

カーディフ、日本法人への移行のための準備会社を設立

カーディフ生命およびカーディフ損保では、日本法人への会社形態の移行のための準備会社をそれぞれ7月3日付で設立した。準備会社2社は、BNPパリバ・グループの保険持株会社であるBNPパリバ・カーディフの100%子会社となる。
カーディフ生命とカーディフ損保は、仏国保険会社の日本支店から日本法人に移行する方針について、4月12日に公表している。今後は、当該準備会社による保険業免許の取得、その他必要な準備を進めていく。なお、日本法人の営業開始は、監督官庁である金融庁の許認可を含めた関連法令上の諸手続きの完了を前提として、2018年中を予定している。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アフラック、「健康経営」の推進についての取り組み施策を発表

生保

明治安田生命、「スチュワードシップ責任を果たすための方針」等の改正および「スチュワードシップ活動の状況について」の公表

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債を発行

生保損保

アクサジャパン3社、グローバル戦略刷新に伴い、「ONE AXA」企業広告キャンペーンをスタート

生保

第一生命、ロボティック・プロセス・オートメーションを全社業務へ導入開始

損保

損保ジャパン日本興亜、新美術館の建設に際し国土交通省から民間都市再生事業計画について認定を受ける

生保

住友生命がスチュワードシップ活動に関する考え方および活動状況を報告

生保

富国生命が劣後特約付社債を発行

生保

AIG富士生命からFWD富士生命に社名変更

損保

あいおいニッセイ同和がDTRIC社(米国ハワイ州)を完全子会社と増資