新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

住友生命、大阪府と包括連携協定を締結

住友生命は、7月12日、大阪府と包括連携協定を締結した。大阪府とは、昨年の9月に「大阪府民の健康づくりの推進に係る連携・協力に関する協定」を締結し、がん検診の受診勧奨などで協働しており、今般の包括連携協定によって連携分野を拡大してる。これまでに、大阪府を含めて20の都道府県と包括協定・事業連携等を行っているがが、今回のような包括連携協定は初めてとなる。
同社では、大阪府内に11の支社(事業部含む)、124の営業拠点があり、この事業に関わる職員は約5000名にのぼる。大阪府、そして府民の頼れるパートナーとなれることを目指し、地域の活性化と府民サービスの向上に努めていく。
○目的
大阪府と住友生命は、7分野にわたる連携と協働に関する包括連携協定を締結し、地域の活性化及び府民サービスの向上を図っていく。
○連携事項
今回の包括連携協定により、次の7つの項目について連携・協力を進める。
a.地域活性化に関すること
b.健康に関すること
c.スポーツ振興に関すること
d.防災・防犯に関すること
e.中小企業振興及び雇用促進に関すること
f.福祉に関すること
g.府政のPRに関すること

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、男子プロゴルファー蝉川泰果プロとのスポンサー契約締結

生保

住友生命、2024年度「スミセイアフタースクールプログラム」実施団体公募開始

生保

住友生命、2024年度新入職員向け社長あいさつを公表

生保

住友生命、シンガポール駐在員事務所を設立

生保

住友生命、宮城県多賀城市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

住友生命、千葉県旭市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

住友生命、DWSが運用するインフラデットファンドに330億円投資

生保

住友生命、資産運用を通じた社会・環境課題への取組みを推進

生保

住友生命、「スミセイのかんたん告知終身保険90」の保険料率を変更

生保

住友生命、神奈川県寒川町および鹿児島県枕崎市においてVitalityを活用した連携事業を開始

関連商品