新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

富国生命が「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」の一部内容を更新

富国生命は、7月4日に開催された第95回定時総代会の決議内容を踏まえて、「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」の一部内容を更新した。
上場株式会社を対象に平成27年6月から「コーポレートガバナンス・コード」が適用された。相互会社である富国生命はこの適用対象ではないが、コーポレートガバナンスに対する考え方およびその充実に向けた取組みを示すために任意で対応することとしており、「コーポレートガバナンス基本方針」を制定し、「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」と共に公表し、この基本方針に基づき、実効的かつ効率的なコーポーレートガバナンスを実現していく。
また、平成28年度決算公告(貸借対照表・損益計算書および「第95回定時総代会開催結果のお知らせ」をホームページに掲載した。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

大同火災、事業活動におけるGHG(温室効果ガス)排出量を開示

損保

SOMPOホールディングス、株式給付信託(BBT)に追加拠出

生保

日本郵政、日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命、「JPビジョン2025+(プラス)」を策定

生保

かんぽ生命、中期経営計画(2021年度~2025年度)見直しを策定

損保

東京海上日動、お客様への価値提供の拡大に向けた「レジリエンス」の取り組みを公表

生保

ライフネット生命、新たな経営方針及び中期計画策定

生保

ライフネット生命、11月に本社移転へ

生保

富国生命、「日比谷音楽祭」に協賛

生保

第一生命等、虎ノ門アルセアタワーのワーカーサポート施設の概要決定

生保

富国生命、北海道七飯養護学校生徒作品展示会「すまいる・ぎゃらりー」開催

関連商品