新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

メットライフ生命と広島銀行、共同社会貢献プログラム第20期寄付金を贈呈

メットライフ生命と広島銀行では、CSR(企業の社会的責任)の一環として、平成19年7月から共同で取り組んでいる「社会貢献プログラム」の第20期の寄付金を、下記のとおり贈呈した。
・ 贈呈者:広島銀行、メットライフ生命
・ 贈呈先:
公益財団法人ひろしまこども夢財団
広島県内の社会福祉法人として組織化されている児童養護施設(12施設)
広島県内の社会福祉法人として組織化されている乳児院(2施設)
・金額:1,434,000円(広島銀行717,000円、メットライフ生命717,000円)
・その他:社会福祉法人広島修道院を訪問し、公益財団法人ひろしまこども夢財団に目録を贈呈した。
広島銀行とメットライフ生命では、次世代を担う子どもたちが平等な教育・社会参加ができ、健やかに生まれ育つ環境をつくるための社会貢献活動にそれぞれが取り組んでおり、本取組みは、その一環として、公益財団法人ひろしまこども夢財団の行う、子育て家庭応援関連事業ならびに広島県内で活動している社会福祉法人を支援するもの。
広島銀行がメットライフ生命の一時払の個人年金保険および終身保険を6か月間で販売した件数に2,000円を乗じた金額を、広島銀行およびメットライフ生命双方で折半し寄付している。
第1期から第20期までの寄付金累計額は、16,178,000円 (広島銀行 8,089,000円、メットライフ生命 8,089,000円)となっている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

メットライフ生命、「メットライフ財団支援ホームホスピス和ははの家」オープン

生保

FWD生命、学生たちが子ども虐待防止に取り組む「「学生によるオレンジリボン運動2024」をサポート

生保

明治安田生命、代読・代筆などの応対方法を案内するプレートの来店窓口等を設置

生保

マニュライフ生命、more treesと森林再生に向けたパートナーシップを締結、2024年秋にプロジェクト始動

生保

フコクしんらい生命、【SDGs取組み】道南うみ街信用金庫と共同寄付スキームの取扱い開始

生保

太陽生命、くつきの森林(もり)『いきもの集まれ大作戦!』を実施

生保

FWD生命、子ども虐待防止『オレンジリボン運動』支援のための募集代理店との協同寄付を実施

協会・団体損保

損保協会、軽消防自動車、高規格救急自動車を全国に12台寄贈

生保

メットライフ生命、広島銀行と共同社会貢献プログラム第34期寄付金を贈呈

損保

アニコム損保、アニコムグループの保護動物シェルター「ani TERRACE」で「老犬ホーム」の運営を開始

関連商品