シンニチ保険WEB

アクサ生命とドリームキャッチャーが資本・業務提携

 アクサ生命とドリームキャッチャー(大阪市)は5月29日、資本・業務提携を行い、健康増進・疾病管理等のサービスを共同で開発することで合意したと発表した。
 ドリームキャッチャーは、アクサ生命を割当先とする第三者割当増資による新株発行を行い、アクサ生命はドリームキャッチャーが発行する普通株式の6.5%を取得。アクサ生命は、ドリームキャッチャーの医療有資格者による医療・医薬分野における専門性の高いアウトバウンド・インバウンドのコールサービスの知見とノウハウを活用し、医療・健康に関する疾病管理プログラムを共同で開発することによって顧客体験価値の向上を図っていく。
 ドリームキャッチャーは、2014年7月設立。医療・介護有資格者のキャリア支援、コンタクトセンター業、医療通訳関連サービスを中核とするCo-Medicalの領域で事業展開を行っている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

フコクしんらい生命、「認知症予防からのそなえ」軽度介護保障特約の販売開始

生保

朝日生命、「7大疾病一時金特約」を発売

損保

アクサ生命 安渕社長・CEO、内閣府支援「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言に賛同

生保

アクサ生命、女子プロゴルファー河本 結選手とスポンサー契約を締結

生保

アクサ生命、新潟県と県民の健康づくりの推進に関する連携協定を締結

生保

アクサ生命、静岡県と包括連携協定を締結

生保

チューリッヒ生命、契約者向けにオンライン健康相談サービス「Doctors Me」を導入

生保

太陽生命、保有不動産を活用した老人ホーム(第3弾)を竣工

生保

第一生命、「就業不能保険」を発売

損保

損保ジャパン日本興亜、サリバテックとの業務連携

関連商品