シンニチ保険WEB

太陽生命、国際規格「ISO10002」への適合性に関する第三者意見書を取得

太陽生命は、苦情対応に関する国際規格「ISO10002」に関する「第三者意見書」を3月31日付で取得した。この評価書において「ISO10002」に準拠した同社「苦情対応マネジメントシステム」が順調に機能しているとの評価を受け、「ISO10002」への適合性を維持していることを宣言。
同社は、2008年3月に「ISO10002」の導入を宣言し、「お客様の声」を起点としたPDCAサイクルを継続して実行することで、業務品質の効果的効率的な維持・改善を図るなど「お客様満足度向上」に向けた取り組みを積極的に展開してきた。今回の第三者意見書の取得は4回目であり、とくに「トップのリーダーシップ」「要員への規格の趣旨や自身の責務の浸透」「『お客様の声』を活かす積極的な取り組み」「業界に先駆けた『認知症治療保険』の販売」などについて、PDCAサイクルによるスパイラルアップが図られているとして評価された。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、生命保険業界初『ひまわり認知症予防保険』を発売

生保

太陽生命、「平成30年北海道胆振東部地震」の被災者への契約者貸付・入院給付金の特別取扱を決定

生保

太陽生命、認知症アンケート調査に基づく日医総研の研究を発表

生保

太陽生命、支払い手続き訪問サービス『かけつけ隊』がさらに進化

生保

太陽生命、支払い手続き訪問サービス「かけつけ隊」の新テレビCMを放映開始

生保

太陽生命、熊本銀行、親和銀行、福岡銀行と窓販提携 My介護Bestの販売を開始

生保

太陽生命、ITを駆使した新しい営業活動の実現

生保

太陽生命、第四銀行で「My介護Best」の販売を開始

生保

太陽生命、「手話リレーサービス」を開始

生保

太陽生命、全社員による社内完全禁煙を達成

関連商品