シンニチ保険WEB

太陽生命、国際規格「ISO10002」への適合性に関する第三者意見書を取得

太陽生命は、苦情対応に関する国際規格「ISO10002」に関する「第三者意見書」を3月31日付で取得した。この評価書において「ISO10002」に準拠した同社「苦情対応マネジメントシステム」が順調に機能しているとの評価を受け、「ISO10002」への適合性を維持していることを宣言。
同社は、2008年3月に「ISO10002」の導入を宣言し、「お客様の声」を起点としたPDCAサイクルを継続して実行することで、業務品質の効果的効率的な維持・改善を図るなど「お客様満足度向上」に向けた取り組みを積極的に展開してきた。今回の第三者意見書の取得は4回目であり、とくに「トップのリーダーシップ」「要員への規格の趣旨や自身の責務の浸透」「『お客様の声』を活かす積極的な取り組み」「業界に先駆けた『認知症治療保険』の販売」などについて、PDCAサイクルによるスパイラルアップが図られているとして評価された。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

フコクしんらい生命、「認知症予防からのそなえ」軽度介護保障特約の販売開始

生保

フコクしんらい生命、「人生100年時代共創プロジェクト」

損保

SOMPOホールディングス、平成31年度「認知症対策官民イノベーション実証基盤整備事業」における「認知症予防を目指した多因子介入によるランダム化比較試験」の実施

生保

太陽生命、保有不動産を活用した老人ホーム(第3弾)を竣工

生保

太陽生命、ミャンマー生命保険会社への出資および関連会社化を完了

損保

SOMPOホールディングス、世界アルツハイマーデーに向けた取組み

生保

太陽生命、ミャンマー生命保険市場における合弁事業申請の承認をミャンマー政府から取得

損保

東京海上日動、SNSを活用した新たな保険加入の仕組みを構築

生保

太陽生命、「消費者志向自主宣言」フォローアップ結果を公表

生保

太陽生命、『いのち輝く明るい森林(もり)づくり』を実施

関連商品