シンニチ保険WEB

朝日生命とキヤノンMJ、保険加入時の医務査定を効率化するシステム構築

朝日生命とキヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は、生命保険の加入時に必要となる医務査定を効率化する「定型・非定型帳票OCRエントリーシステム」を構築した。
従来、朝日生命では、加入時に必要となる医務査定において、異なるサイズやフォームの健康診断書(非定型帳票)の項目確認、データ入力、原本との付け合わせ作業などは人手を介して行っていた。新しいシステムの導入によって、定型・非定型を問わず複数の書類の一括スキャンを行うとともに、読み取り結果の確認作業を効率化することで、医務査定にかかる業務の削減を実現。これにより、保険契約成立までの所要時間を2割削減し、顧客への契約の承諾までの時間を短縮できるとしている。
朝日生命は、キヤノンMJが開発したシステムを活用し、保険契約成立までの手続きのスピードアップを実現することで、一層の顧客満足度の向上を目指す。一方、キヤノンMJは、このシステムについて金融機関を中心に他業種にも拡販していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ライフネット生命、auじぶん銀行株式会社との団体信用生命保険に関する業務提携契約を締結

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、booost technologies株式会社と企業の脱炭素経営・気候変動対応のトータルサポートに向け業務提携

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、アスエネ株式会社と企業の脱炭素経営・気候変動対応のトータルサポートに向け業務提携

生保

朝日生命、東京大学との共同研究 社会連携講座「糖尿病・生活習慣病予防講座」の研究論文が複数の医学誌に掲載

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、【国内初】「ビジネスと人権」に関する企業向けソリューションの提供

損保

イーデザイン損保、エーザイと「脳の健康度(ブレインパフォーマンス)向上と安全運転」をテーマとした業務提携を開始

生保

朝日生命、「お客様本位の業務運営に関する基本方針」に基づく取組結果等を公表

生保

朝日生命、新作CM“あんしん介護「ロゴハーモニー」篇”を6月18日(土)より全国放映

生保

朝日生命、「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」に投資

生保

朝日生命、アフリカ開発銀行が発行する『ソーシャルボンド』に投資並びに引き受けを発表