新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

第一生命ホールディングス、アジアパシフィック地域統括会社およびTALの社長交代を発表

第一生命ホールディングスのアジアパシフィック地域統括会社であるDLI ASIA PACIFIC PTE. LTD.(以下「DLIアジアパシフィック」)の社長に、7月1日付で、同社専務執行役員兼豪州子会社TAL Dai-ichi Life Australia Pty Limited(以下、「TAL」)のグループCEO兼社長のブレット・クラーク氏が就任する。
ブレット・クラーク氏は、TALのグループCEO兼社長から2024年9月末日付での退任を予定しており、後任にはフィオナ・マクレガー氏が就任予定である。
同社のアジアパシフィック地域における海外生保事業展開は8か国に拡大し、同社が2030年までにグローバルトップティアに伍する保険グループとなることを目指す中で、より一層その重要性が増している。ブレット・クラーク氏は2015年のTALグループCEO兼社長就任以来、変化の激しい豪州生保業界において、その卓越したリーダーシップで同グループを率い、提携や他生保の買収などを通じた事業拡大により、その業界首位(保障性商品)の座をより盤石なものとし、同社グループへ重要な貢献を果たしてきた。ブレット・クラークは2024年4月1日付で同社の専務執行役員に就任しておりますが、今後はアジアパシック地域の統括機能のトップとしても、同社グループの海外事業のさらなる発展を牽引していく。
フィオナ・マクレガー氏は、英国の大手銀行を含む、グローバル金融業界においてCXイノベーションを牽引し、その後約10年間TALの経営幹部として顧客・イノベーション・テクノロジー等の分野を率いてきた。数々の主要プロジェクトにおいて実績を残し、直近では、TALの個人保険分野の担当役員を務めるなど、TALの事業拡大に重要な貢献を果たしてきた。
今回の両社における社長交代が、同社グループの更なる成長に繋がるものと期待している。
【2024年7月1日付DLIアジアパシフィック新業務執行体制】
役職:CEO兼ManagingDirector
新任:ブレット・クラーク氏(同社専務執行役員)(TALグループCEO兼社長)
退任:山口仁史氏(同社代表取締役専務執行役員、海外生保事業オーナー)
※山口仁史氏は7月1日以降も第一生命ホールディングスの代表取締役専務執行役員、海外生保事業オーナーとして継続予定である。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命ホールディングス、脱炭素成長型経済構造移行推進機構に出資

生保

第一生命ホールディングス、自己株式の取得状況を公表

生保

第一生命ホールディングス、「第一生命グループ人権レポート2024」を発行

損保

損保協会、日本損害保険協会の役員改選を発表

生保

第一生命ホールディングス、2024年3月末エンベディッド・バリューを開示

生保

第一生命ホールディングス、株式報酬制度に関する新株式発行

生保

明治安田生命、公益社団法人消費者関連専門家会議(ACAP)の理事長、一般社団法人日本ヒーブ協議会の代表理事に同社職員が就任

生保

第一生命ホールディングス、丸紅による不動産事業分野における戦略的提携に関する覚書を締結

生保

第一生命ホールディングス、自己株式の取得状況を公表

損保

セコム損保、石川取締役が新社長に

関連商品