新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

かんぽ生命、インパクト投資ファンド「インパクト・キャピタル1号投資事業有限責任組合」に出資

かんぽ生命は、インパクト・キャピタル株式会社(以下「インパクト・キャピタル」)が組成するインパクト投資ファンド「インパクト・キャピタル1号投資事業有限責任組合」(以下「本ファンド」)への投資を実施した。
本ファンドは、2023年3月にかんぽ生命と学校法人立命館(以下「立命館」)が締結した連携・協力に係る覚書に基づき、インパクト投資ファンドの豊富な運用実績を有する黄氏及び高塚氏が設立したインパクト・キャピタルと共に検討を進め、組成された。本ファンドでは、「『人』のWell-beingを追い求めるインパクト投資」をミッションに掲げ、「多様性が認められ、かつ、価値観に基づいて選択することのできる、彩り豊かな社会の創出」に向け、インパクト投資(※)を通じて、経済的リターンと社会的リターンの両立を目指す。
かんぽ生命は、すべてのステークホルダーの皆さまに対する社会的責任を果たすという観点から、「Well-being向上」をサステナブル投資における重点取り組みテーマのひとつとして位置付けており、本ファンドへの投資により運用収益の獲得と共に、キャリア、ケア、暮らし、街づくり、環境に関する社会課題解決に資するポジティブなインパクトの創出を期待している。
今後も、「Well-being向上」、「地域と社会の発展」、「環境保護への貢献」をサステナブル投資の重点取り組みテーマとし、かんぽ生命らしい”あたたかさ”の感じられる投資を通じて、広くSDGsの目標達成や社会課題の解決に貢献していく。
※インパクト投資
財務的リターンと並行して、ポジティブで測定可能な社会的・環境的インパクトを生み出すことを意図する投資行動
<本ファンドの概要>
名称 インパクト・キャピタル1号投資事業有限責任組合
運用者 インパクト・キャピタル1号有限責任事業組合
設立 2024年5月
同社投資額 30億円

関連記事(保険業界ニュース)

生保

かんぽ生命、2024年度ラジオ体操優良団体等表彰受賞者が決定

生保

かんぽ生命、アフラック生命、日本郵便、AccelerationProgram2024」採択企業を発表

生保

かんぽ生命、イメージキャラクター「かんぽさん」に磯村勇斗さんが就任

生保

かんぽ生命、車いすテニスの大谷桃子選手がウィンブルドン選手権大会に出場

生保

かんぽ生命、第三者割当増資に係る払込期日を変更

生保

かんぽ生命、資産運用立国実現への貢献に向けた新興運用会社への運用委託方針を発表

生保

かんぽ生命、札幌支店元社員による保険料詐取が判明

生保

かんぽ生命、執行役に対する報酬制度改定

生保

かんぽ生命、2024年3月末ヨーロピアン・エンベディッド・バリューを開示

生保

日本郵政グループ、各社のサービスを1つのIDで~「ゆうID」で新たなお客さま体験を~

関連商品