新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

太陽生命、生命保険業界初、マイナンバーカードの公的個人認証サービスを活用した新契約手続き(ネット申込)を開始

太陽生命は、4月22日から、マイナンバーカードの公的個人認証サービス(*1)を活用した新契約手続き(インターネット申込)を開始する。
近年、政府の進めるデジタル化の推進とマイナンバーカードの普及および利活用促進に伴い、マイナンバーカードの電子証明書を活用したサービスが広がっている。同社においても、2023年10月にマイナンバーカード情報を事前に登録することで、申し出がない場合であっても同社から契約者へ住所変更・改姓の手続きを案内する等のサービスであるマイナンバーカード情報関連サービスを開始している。
今般、同社の新契約手続き(インターネット申込)において、生命保険業界では初めて(*2)となるマイナンバーカードの公的個人認証サービスを利用した本人確認を開始する。従来の本人確認手段であった運転免許証等の本人確認書類の撮影や郵送等に加え、マイナンバーカードの公的個人認証サービスでの本人確認が可能となることで、手続き時における、お客様の負担が軽減されることになる。
また、公的個人認証サービス利用時には、上記マイナンバーカード情報関連サービスも同時に登録できる。
同社は、今後も引き続きデジタル技術の活用や、マイナンバーカードのさらなる利活用の方法を拡大することで、お客様お一人おひとりのニーズに応えられる「簡単・便利」、「安心、安全」なサービスを展開していく。
(*1)「マイナンバーカードを活用した公的個人認証サービス」および「マイナンバーカード情報関連サービス」の実施にあたっては、株式会社野村総合研究所が提供する「e-NINSHOサービス」を利用する。なお、本サービスは、総務大臣から認定された企業のみが提供可能であり、株式会社野村総合研究所は2017年2月に総務大臣認定を取得している。
(*2)令和6年4月時点総務省公表「公的個人認証サービスの民間利用」等を元に太陽生命調べ(一般社団法人生命保険協会加盟41社において業界初)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、「渋谷二丁目17地区市街地再開発事業」で複合施設渋谷アクシュを7月8日開業

損保

三井住友海上、高校生向け「損保版金融リテラシー教育の出前授業」を提供開始

生保

T&Dホールディングス、2024年3月末市場整合的エンベディッド・バリューの開示

生保

太陽生命、SBI新生銀行を通じ、『長生きMy介護』の販売を開始

生保

太陽生命、「日本高速道路保有・債務返済機構」が発行する「ソーシャルボンド」への投資を実施

損保

東京海上日動、お客様への価値提供の拡大に向けた「レジリエンス」の取り組みを公表

損保

MS&ADインターリスク総研、「自然災害時アクションサポートサービス」の提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動車修理工場のサービス品質可視化・ESG経営推進に向けた取り組みを開始

生保

ジブラルタ生命、「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」開催動物園・水族館をサポート

生保

SBI生命、保有契約の加入者数が50万人を突破

関連商品