新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

かんぽ生命、インパクトコンソーシアムへ参画

かんぽ生命は、インパクト投資(注)等に関して幅広い主体が協働・対話を行う場として設立される「インパクトコンソーシアム」に参画する。
インパクトコンソーシアムは、気候変動や少子高齢化等の環境・社会課題の重要性が増す中で、インパクト実現を図る経済・金融の多様な取組みの支援や、インパクトの創出を図る投融資を有力な手法・市場として確立し事業を推進していく観点から、各業界団体の代表者等を発起人とし、投資家・金融機関、企業、自治体等の幅広い関係者がフラットに議論し、国内外のネットワークとの対話・発信を図る場として設置されたものである。
かんぽ生命は、資産運用において、すべてのステークホルダーの皆さまに対する社会的責任を果たすという観点から、持続可能な社会の実現と長期的な投資成果の向上を目指している。とくに、インパクト投資においては、同社独自の社内認証制度である「インパクト”K”プロジェクト」を通じて多様なアセットへの投融資を積極的に推進し、環境・社会課題の解決に資するインパクトの創出を目指してきた。
これまでの取り組みから、かんぽ生命では、インパクト投資が社会に対して効果を発揮するには、経済市場全体におけるインパクト投資への認知度向上・理解促進が必要であると考えている。今後、インパクトコンソーシアムへの参加を通じ、関係者のみなさまと共に環境・社会課題解決を持続的な成長に結びつける好循環の実現に貢献していく。
(注)インパクト投資とは、財務的リターンと並行して、ポジティブで測定可能な社会的および環境的インパクトを同時に生み出すことを意図する投資行動を指す。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

かんぽ生命、2024年4月1日以降に適用する前納払込保険料を改定

生保

かんぽ生命、ラジオ体操・みんなの体操会の開催地・日程を決定

生保

かんぽ生命、自然に関するスチュワードシップイニシアチブ「Spring」の投資家ステートメントにEndorserとして署名

生保

かんぽ生命、日本国が発行するGX経済移行債へ投資

生保

かんぽ生命、インパクト投資にかかる国際的なネットワークGIINへの国内生保初の加盟

生保

T&Dホールディングス、太陽生命、大同生命、T&Dアセットマネジメント、生物多様性に関するイニシアティブ「Spring」への参画

生損その他協会・団体

日本企業80社が自然関連財務情報開示に取り組む“TNFD Early Adopter”として登録

生保

朝日生命、インパクトコンソーシアムに参画

生保

SOMPOひまわり生命、健康経営アライアンスに参画

生保

第一生命、国連責任投資原則(PRI)の協働エンゲージメント「Spring」へ参画

関連商品