新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上あいおい生命、準備金額の減少を決議

三井住友海上あいおい生命は、1月26日開催の取締役会において、2月14日付の臨時株主総会に、資本準備金および利益準備金の額の減少を付議することを決議した。
1.目的
資本政策上の柔軟性・機動性を確保するため、会社法448条第1項の規定に基づき、資本準備金および利益準備金の額を減少させるものである。
2.準備金の額の減少の方法
(1)減少させる準備金の額
同社の資本準備金の額を147億4,658万4,677円から147億4,658万4,677円減少させ、0円とする。
また、利益準備金の額を70億4,030万7,624円から70億4,030万7,624円減少させ、0円とする。
(2)準備金の額の減少の方法
減少させる資本準備金の額全額はその他資本剰余金に、減少させる利益準備金の額全額はその他利益剰余金に、それぞれ振り替えることとする。
3.準備金の額の減少の日程
(1)取締役会決議日 2024年1月26日
(2)臨時株主総会決議日 2024年2月14日(予定)
(3)保険契約者その他の債権者異議申立公告日 2024年2月15日(予定)
(4)上記異議申立最終期日 2024年3月15日(予定)
(5)効力発生日 2024年3月31日(予定)
4.今後の見通し
本件は、「純資産の部」における勘定科目間の振替処理であり、純資産額の変動はなく、業績に与える影響はない。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

かんぽ生命、国内公募劣後特約付無担保社債の発行に係る条件決定

生保

日本生命、シンガポール子会社がインド子会社を設立

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債を発行

生保

第一生命ホールディングス、米国子会社プロテクティブ社によるShelterPoint社を買収

損保

アニコム損保、有限会社ワンラブと代理店委託契約解除が成立

生損

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、森林ファンドに投資~SDGsの実現に貢献

損保

三井ダイレクト損保、本社ビル女性トイレに「OiTr(オイテル)」を導入

生保

アフラック生命子会社「SUDACHI少額短期保険株式会社」、「アフラック少額短期保険株式会社」へ社名変更

生保

住友生命、シンガポール駐在員事務所を設立

損保

東京海上日動、指定工場制度の廃止に伴う修理工場マッチングサービスの提供開始

関連商品