新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大同生命、東洋大学と共同研究を開始

大同生命は、学校法人東洋大学とともに「中小企業経営者のエンゲージメントが会社経営に与える影響」に関する共同研究を開始した。
我が国では中小企業が全企業数の99.7%を占め、経済・産業構造を支える重要な役割を担っている。一方、外部環境の変化が著しい現代において、中小企業が抱える経営課題は多様化・複雑化しており、経営者の責任・負担がますます大きくなっているのが実態である。
そうした中、中小企業経営者のワーク・エンゲージメント※が会社経営に与える影響に関する調査・研究はこれまでになく、経営者が抱えるストレス等が会社の経営・成長にどう影響するのかは、明らかになってない。
※ワーク・エンゲージメント:仕事に対し、ポジティブで充実した心理状態で取組むこと。
今回の共同研究は、これまで中小企業の経営論等に関する論文を多数公表されている山本聡氏(東洋大学経営学部教授)との協働により、中小企業経営者のワーク・エンゲージメントの実態を明らかにし、会社経営に活かしてもらうことを目的としたものである。
今回の共同研究を通じ、中小企業が抱える幅広い社会課題の解決に貢献するとともに、中小企業の永続的発展を通じた「サステナブルな社会」の実現に貢献していく。
<共同研究の概要>
テーマ:中小企業経営者のエンゲージメントが会社経営に与える影響
主たる研究者:山本聡(やまもとさとし)氏(東洋大学経営学部経営学科教授)
研究内容:
・大同生命と東洋大学が共同で「中小企業経営者のワーク・エンゲージメント」の実態把握に向けた調査を実施。
・調査結果をもとに、「中小企業経営者の事業継続と働きがい」に関する学術上の知見と、導き出される実務上の示唆・提言を、研究成果として幅広く発信。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、明治大学で「起業を志す学生」向け講座を開催

生保

大同生命、すべての子どもたちへ平等に学ぶ“チャンス”を提供

生保

大同生命、同社で販売するT&Dフィナンシャル生命の商品ラインナップを拡充

生保

大同生命、中小企業経営者を対象に「時間外労働の上限規制(2024年残業規制問題)」について調査を実施

生保

太陽生命、健康経営に資する「骨の健康」に着目した共同研究開始

生保

SOMPOひまわり生命、持続血糖測定を活用したスマートフォンアプリにより糖尿病予備群の体重と血糖値を改善

生保

大同生命、「春のウォーキングキャンペーン」を通じ「令和6年能登半島地震」の被災地へ総額2,000万円を寄付

生保

大同生命、第2回“DAIDO KENCO AWARD”表彰企業123社を発表

生保

大同生命、8年連続で「健康経営優良法人(ホワイト500)」に認定

生保

大同生命、“Daido Mimosa Challenge(ダイドウミモザチャレンジ)”スタート

関連商品