新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上あいおい生命、ヘルスケアサービス「MSAケア」の福利厚生導入企業数が1,000社を突破

三井住友海上あいおい生命は、法人福利厚生制度として「MSAケア」を導入した企業数が、9月の利用提供開始から約3ヶ月で1,000社超となった。
導入企業からは、「企業側で費用の負担がなく導入することができ、健康経営の実践や人材の確保・定着等の課題解決につながる」といった声をもらっている。
同社はこれからも、病気になったときに生命保険で保障することに加え、病気になる前、病気になった後のサポートを“ひとつながり”で届け、お客さまの「笑顔で長生き」を応援していく。
1.「MSAケア」の法人利用の概要
2023年9月より、「MSAケア」の優待利用対象を従来の同社契約者・被保険者等から、同社に契約のある企業の従業員に拡大し、より多くのお客さまに病気の予防・早期発見・重症化予防等に役立つヘルスケアサービスの提供を行っている。
<法人福利厚生制度として「MSAケア」を導入するメリット>
・企業側で費用の負担がなく導入ができ、法人福利厚生制度の拡充が可能である。人材確保や健康経営の実践等の経営課題の解決につながる。
・導入企業の従業員は、「MSAケア」の20種類のヘルスケアサービスをワンストップで利用することができ、健康維持・疾病の予防・早期発見等に役立てることができる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SOMPOホールディングス、SOMPOケア、4月16日から、SOMPOが創る「未来の介護」を紹介するウェブ動画を公開

生保協会・団体

生保文化センター、「生命保険と税金の知識」改訂

損保

イーデザイン損保、能登半島地震発生後100日を機に「そのときクルマに乗っていたら?スクショ防災」特設サイトを開設

損保協会・団体

損保協会、新納協会長とフリーアナウンサー森本智子さんによる対談を公開

生損

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス、森林ファンドに投資~SDGsの実現に貢献

損保

東京海上日動、指定工場制度の廃止に伴う修理工場マッチングサービスの提供開始

生保

エヌエヌ生命、日蘭協業支援プログラム「MONO MAKERS PROGRAM2024」の参加者募集を4月1日から開始

生保

明治安田生命、“地元のひとが元気になる空間”「明治安田ヴィレッジ」にて謎解き企画を開始

生保

ジブラルタ生命、新サービス「給付金オンライン請求」を開始

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、SOMPOビジネス、自動運転サービスの社会実装に向けたソリューションの提供開始

関連商品