新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アクサ生命、「理想とする人生とライフマネジメントに関する調査」を実施

アクサ生命は、全国の20歳~79歳の男・女で「理想とする人生がある」と回答した人を対象に、『理想とする人生とライフマネジメント(R)に関する調査2024』をインターネットリサーチで実施し、2,400名の有効サンプルを集計した結果をまとめた。
調査からは、理想の人生の実現に向けて取り組みを始めている人は、幸福度が高く、困難はあっても理想の人生を実現できるとポジティブに考える傾向にあることがわかった。
また、「理想の人生の実現に向けて、ブレることなく突き進んでいると思う有名人」のトップに選ばれたのは、男性有名人では大谷翔平さん、女性有名人では黒柳徹子さんだった。
理想とする人生像を持つようになった時期については、「学生時代まで」が28.8%と少数派で、学生時代を終えたあとのそれぞれの年代頃において理想の人生像を見出していることがわかった。また、自身の“理想とする人生”については「家族・家庭」に関する内容がトップで、実現に向けて必要なこととして「健康管理」や「貯蓄・資産形成」、「生活習慣の見直し」がTOP3に挙がっている。自分自身の人生の目的、理想像を持ち、その目標の実現を内発的な動機付けとし、達成の手段として健康づくりや資産形成に取り組んでいることがわかった。
【調査結果(抜粋)】
・自身の“理想とする人生”は、各年代とも「家族・家庭」に関する内容がトップ
・理想の人生像を持った時期は「学生時代まで」との回答が28.8%。
学生時代を終えたあとの20代から70代それぞれの年代頃において理想の人生像を持ったとの回答が最多に
・自身の理想の人生像に影響を与えた人物1位「母親」、2位「父親」
20代・30代では「アニメ・漫画のキャラクター」「YouTuber」がTOP10にランクイン
・理想の人生の実現に必要だと思うことの1位は「健康管理」、2位「貯蓄・資産形成」、3位「生活習慣の見直し」
20代から40代では「貯蓄・資産形成」、50代以上では「健康管理」がトップ
・「理想の人生の実現のために取り組んでいることがある」は79.5%。取り組んでいることのTOP5は
「健康管理」、「貯蓄・資産形成」、「生活習慣の見直し」、「目標の設定」、「家計の見直し」
・“理想の人生を実現できると思いますか?”の問いに「できると思う」と答えた人の割合は47.5%
「ライフプランの作成に取り組んでいる」と答えた人では67.5%
・理想の人生の実現をはばむ壁を乗り越えるコツ・ノウハウ
1位「ポジティブ・楽観的に考える」、2位「あきらめない・忍耐力を持つ」
・これまでの人生の歩み方「自分で切り開いてきた」76.9%、「他人が敷いたレールの上を歩いてきた」23.1%
・家族に夢・目標を語ると?「応援してくれる(と思う)」80.5%、「反対される(と思う)」19.5%
・“自身の幸福度を100点満点で採点すると?”の問いに対する回答の平均点は65.4点。
“これからの人生の幸福度を点数で予想すると?”では予想点数は平均71.4点
理想とする人生像を持ち、その実現に向けたアクションに取り組む人や人生の選択の意思決定の自由度が高い人ほど幸福度も高い結果に
・自身の理想の人生像に影響を及ぼした言葉
1位「為せば成る/為せば成る為さねば成らぬ何事も」、2位「一期一会」、3位「継続は力なり」
・理想の人生の実現に向けて、ブレることなく突き進んでいると思う男性有名人の1位は「大谷翔平さん」、2位「所ジョージさん」、3位「イチローさん」
・理想の人生の実現に向けて、ブレることなく突き進んでいると思う女性有名人の1位は「黒柳徹子さん」、2位「天海祐希さん」、3位「吉永小百合さん」
・理想の人生の実現に向けて、ブレることなく突き進んでいると思うアニメ・漫画のキャラクターの1位は「モンキー・D・ルフィ」、2位「孫悟空」、3位「竈門炭治郎」
【調査概要】
調査対象:ネットエイジアリサーチのインターネットモニター会員を母集団とする20歳~79歳の男・女で「理想とする人生がある」と回答した人
調査期間:2023年11月30日~12月1日
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
有効回答数:2,400サンプル(有効回答から抽出)
調査協力会社:ネットエイジア株式会社

関連記事(保険業界ニュース)

損保

au損保、自転車利用時のヘルメット着用率を調査

生保

エヌエヌ生命、中小企業の賃上げとリスキリングに関する調査

損保

アイペット損保、ペットの支出に関する調査を実施

生保

第一生命、第35回「大人になったらなりたいもの」調査結果を発表

生保

大同生命、中小企業経営者を対象に「時間外労働の上限規制(2024年残業規制問題)」について調査を実施

生保

アクサ生命、長崎県と包括連携協定を締結

生保

日本生協連、「老後」への意識についてのアンケート調査を実施

損保

ソニー損保「はじめてのマイカーに関する調査2024」を実施

生保

アクサ生命とアクサダイレクト生命が金融庁から合併認可を取得

損保

損保協会、高等学校における損害保険に関する教育の実態調査(3回目)を実施

関連商品