新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大同生命、日本女子大学生涯学習センターで寄付講座「業務効率を上げるタイムマネジメント」を開催

大同生命は、日本女子大学生涯学習センターにて、日本女子大学リカレント教育課程受講生を対象とした同社寄付講座「業務効率を上げるタイムマネジメント」を開催する。
同社創業者の一人である広岡浅子氏は、女子教育の発展にも情熱を注ぎ、日本女子大学校の創立(1901年)にも深く関わった。そうした縁から、同社は、2015年度より日本女子大学が主催する講座への寄付をスタートした。また、2020年度からは、女性のさらなる社会参加を促進し、サステナブルな社会の実現を目指す「女性のためのリカレント教育プログラム」を支援している。
本講座は、限られた時間を上手く活用して最大限の生産性を実現するためのスキルを学ぶプログラムとなっており、同社が「中小企業での活躍を目指す方」を対象として提供する「学びの場」の一環として開催するものである。
同社はこうした取組みを通じて中小企業のサステナブルな発展と社会的課題の解決への貢献を目指していく。
<講座概要>
日時:2024年1月27日(土)12:00~14:30
講座名:業務効率を上げるタイムマネジメント
対象:日本女子大学リカレント教育課程の受講生
講師:有限会社ビズアーク時間管理術研究所 取締役社長 水口和彦(みずぐち かずひこ)氏
※本講座は東京商工会議所との連携による講座である。同会議所の初代会長である渋沢栄一は、広岡浅子氏とともに成瀬仁蔵による日本女子大学校の設立を支え、後に第3代校長を務めた。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、明治大学で「起業を志す学生」向け講座を開催

生保

大同生命、すべての子どもたちへ平等に学ぶ“チャンス”を提供

生保

大同生命、同社で販売するT&Dフィナンシャル生命の商品ラインナップを拡充

生保

アフラック生命、東京大学大学院経済学研究科における寄付講座「医療・介護エコシステムの経済学」を開講

生保

大同生命、中小企業経営者を対象に「時間外労働の上限規制(2024年残業規制問題)」について調査を実施

生保

大同生命、「春のウォーキングキャンペーン」を通じ「令和6年能登半島地震」の被災地へ総額2,000万円を寄付

生保

大同生命、第2回“DAIDO KENCO AWARD”表彰企業123社を発表

生保

大同生命、8年連続で「健康経営優良法人(ホワイト500)」に認定

生保

大同生命、“Daido Mimosa Challenge(ダイドウミモザチャレンジ)”スタート

生保

大同生命、4月1日機構変更

関連商品