新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

明治安田生命、ブランド通称を『明治安田』へ~新企業タレントに三浦知良選手を起用

明治安田生命は、2024年1月から、ブランド通称を「明治安田」とすること、新企業タレントに「三浦知良選手」を起用すること等を決定した。
1.「明治安田ブランド」確立に向けた取組み
明治安田生命は、2024年に発足20周年を迎えた。これまでの感謝を胸に、同社が掲げる「2030年にめざす姿」である、「『ひとに健康を、まちに元気を。』最も身近なリーディング生保へ」の実現に向けて、引き続き取り組んでいく。
新たなブランド通称「明治安田」には、従来の生命保険会社としての役割を超えて、「健康寿命の延伸」と「地方創生の推進」に向けた新たな役割発揮をしていくことへの決意が込められている。
2.「明治安田」の「未来世代応援アクション」
同社は、これまで環境保全やこどもの健全育成等への貢献をめざす取組みを「未来世代応援活動」として、全社統一で実施してきた。
今回、同活動の一環として、2つの新たな取組みを「未来世代応援アクション」と位置づけ、展開していく。
■「明治安田」の未来世代応援アクションwithカズ
・新企業タレント「三浦知良選手」協力のもと、全国のこどもたちに、「三浦知良選手」の背番号11にかけた1.1万個のサッカーボールを届ける。
・未来に向けて挑戦することの大切さを、「三浦知良選手」のメッセージとあわせ、伝えることで、こどもたちの未来に向けた一歩を全力で応援していく。
■「明治安田」の未来世代応援アクションwith JLPGA
・同社がオフィシャルパートナーを務めるJLPGAとタッグを組み、全国のツアー大会に地元のこどもたちを招待する。
・プロスポーツ競技を実際に見学してもらうことで、プロ選手のプレーの緊張感を感じてもらい、未来に向けて挑戦すること・真剣に取り組むことの大切さを伝えていく。
◎明治安田ブランドステートメントの制定
・生命保険事業のパイオニアとして、同社がめざす姿「ひとに健康を、まちに元気を。」の世界を、端的な物語にまとめた「明治安田ブランドステートメント」を制定した。
◎コーポレートロゴの改正
・ブランド通称にあわせ、2024年1月から、同社コーポレートロゴを「明治安田生命」から「明治安田」に改正する。
【コーポレートロゴに込めた想い】
コーポレートカラーは、お客さまとともに成長する「若葉」の緑と、お客さまの暮らしをあたたかく照らすやさしい「陽光」の黄色とし、持続可能で希望に満ちた豊かな未来づくりに貢献したいという意味を込めている。
コーポレートロゴの左右に伸びるフォルムは、「生命保険会社として日本で一番長い同社の歴史」と「お客さまとの末永いお付き合い」を表している。
コーポレートロゴの「明治安田」は、「一人ひとりのお客さまが、いつまでも、安心してすこやかに暮らせるよう、ずっと寄り添い続ける」生命保険会社ならではの想いに加え、同社ならびにグループ会社からなる明治安田生命グループ一体となって「健康寿命の延伸」「地方創生の推進」に向け、お客さま・地域社会の未来に貢献していく決意を込めている。
・これに関連して、2024シーズンのJリーグ大会名称を「明治安田Jリーグ」に、JLPGAツアー「明治安田生命レディス」の大会名称を、2024年大会から「明治安田レディス」へ変更する。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

かんぽ生命、国内公募劣後特約付無担保社債の発行に係る条件決定

生保

日本生命、シンガポール子会社がインド子会社を設立

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債を発行

生保

第一生命ホールディングス、米国子会社プロテクティブ社によるShelterPoint社を買収

生保

明治安田生命、団体年金保険(一般勘定)の予定利率を引き下げる一方で利率上乗せ特則を導入し3年間は実質利率アップへ

損保

アニコム損保、有限会社ワンラブと代理店委託契約解除が成立

生保

明治安田生命、新作CM「ベストスタイルGoodCycle」篇を放映開始

損保

三井ダイレクト損保、本社ビル女性トイレに「OiTr(オイテル)」を導入

生保

アフラック生命子会社「SUDACHI少額短期保険株式会社」、「アフラック少額短期保険株式会社」へ社名変更

生保

住友生命、シンガポール駐在員事務所を設立

関連商品