新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上あいおい生命、ヘルスケアサービス「MSAケア」の福利厚生導入企業数が1,000社を突破

三井住友海上あいおい生命は、法人福利厚生制度として「MSAケア」を導入した企業数が、9月の利用提供開始から約3ヶ月で1,000社超となった。
導入企業からは、「企業側で費用の負担がなく導入することができ、健康経営の実践や人材の確保・定着等の課題解決につながる」といった声がある。
同社はこれからも、病気になったときに生命保険で保障することに加え、病気になる前、病気になった後のサポートを“ひとつながり”で届けて、お客さまの「笑顔で長生き」を応援していく。
1.「MSAケア」の法人利用の概要
2023年9月より、「MSAケア」の優待利用対象を従来の同社契約者・被保険者等から、同社に契約のある企業の従業員に拡大し、より多くのお客さまに病気の予防・早期発見・重症化予防等に役立つヘルスケアサービスの提供を行っている。
2.今後の取組み
多くの企業が抱えている人材の確保・定着、従業員の健康管理による生産性の向上等の課題解決に向けて、「MSAケア」を1社でも多く導入するよう提案を強化する。また、健康管理に資するデータ提供等、機能やサービスを拡充し、さらなる付加価値の提供を目指し、健康経営の実践を一層サポートしていく。
<法人福利厚生制度として「MSAケア」を導入するメリット>
・企業側で費用の負担がなく導入ができ、法人福利厚生制度の拡充が可能である。人材確保や健康経営の実践等の経営課題の解決につながる。
・導入企業の従業員は、「MSAケア」の20種類のヘルスケアサービスをワンストップで利用することができ、健康維持・疾病の予防・早期発見等に役立てることができる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、アバターによるオンライン面談サービス開始

生保

太陽生命、生命保険業界初、マイナンバーカードの公的個人認証サービスを活用した新契約手続き(ネット申込)を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、産学連携:上智大学との連携講座を今年度も開講

損保

アニコム損保、親猫にはない新規の遺伝子変異により筋ジストロフィーを発症したネコの症例を報告

損保

アニコム損保、犬と猫の「熱中症週間予報」、4月18日から配信開始

生保

ライフネット生命、「東京レインボープライド2024」にブース出展

損保

SOMPOホールディングス、SOMPOケア、4月16日から、SOMPOが創る「未来の介護」を紹介するウェブ動画を公開

生保

FWD生命、子ども虐待防止『オレンジリボン運動』支援のための募集代理店との協同寄付を実施

損保

SBI損保、「乳がんの早期発見・早期診断・早期治療」の大切さを伝えるピンクリボン運動へ協賛

協会・団体生保

生保文化センター、「生命保険と税金の知識」改訂

関連商品