新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

第一生命ホールディングス、株式会社ベネフィット・ワン株式に対する公開買付価格及び本自己株式取得価格を決定

第一生命ホールディングスは、12月7日付「株式会社ベネフィット・ワン株式(証券コード:2412)に対する公開買付けの開始予定に関するお知らせ」(以下「同プレスリリース」)にて告知したとおり、本公開買付前提条件(同プレスリリースにおいて定義された意味と同一の意味を有す)の全てが充足されたこと(又は公開買付者により放棄されたこと)を条件として、株式会社ベネフィット・ワン(以下「対象者」)の普通株式に対する公開買付け(以下「本公開買付け」)を開始することを決定している。
このほど、公開買付者は、対象者及び株式会社パソナグループ(以下「パソナグループ」)から、本公開買付けの成立後に実施される本自己株式取得(同プレスリリースにおいて定義された意味と同一の意味を有す。以下同じ)にパソナグループが応じた場合に生じる法人税法(昭和40年法律第34号。その後の改正を含む)に定めるみなし配当の額を計算するために必要な情報を取得し、12月21日、公開買付価格の最大化と株主間の公平性を両立させるという観点から、当該みなし配当の額に益金不算入規定が適用されることに伴いパソナグループに発生する税務メリットを、その他の一般株主の皆様にも共有されるような形で本公開買付価格(同プレスリリースにおいて定義された意味と同一の意味を有す。以下同じ)及び本自己株式取得価格(同プレスリリースにおいて定義された意味と同一の意味を有す。以下同じ)を設定するという考えの下で、(i)本自己株式取得が行われた場合のパソナグループの税引後手取り額として計算される金額が、(ii)仮にパソナグループが本公開買付けに応じた場合に得られる税引後手取り額と同等となるよう算出した結果、本公開買付価格を2,123円とし、本自己株式取得価格を1,491円とすることを決定した。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

かんぽ生命、国内公募劣後特約付無担保社債の発行に係る条件決定

生保

日本生命、シンガポール子会社がインド子会社を設立

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債を発行

生保

第一生命ホールディングス、米国子会社プロテクティブ社によるShelterPoint社を買収

損保

アニコム損保、有限会社ワンラブと代理店委託契約解除が成立

損保

三井ダイレクト損保、本社ビル女性トイレに「OiTr(オイテル)」を導入

生保

アフラック生命子会社「SUDACHI少額短期保険株式会社」、「アフラック少額短期保険株式会社」へ社名変更

生保

住友生命、シンガポール駐在員事務所を設立

損保

東京海上日動、指定工場制度の廃止に伴う修理工場マッチングサービスの提供開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、組織変更を実施

関連商品