新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アフラック生命、ペット保険事業の本格展開を中止

アフラック生命及びアフラックペット少額短期保険(以下「アフラックペット」)は、このほど、ペット保険事業の本格展開を中止することを決定した。
同社は、昨年11月にアフラックペットを設立し、本年1月以降、アフラックペットは、ペッツベスト少額短期保険株式会社(以下「ペッツベスト」)から承継した保険金の支払い業務を最優先に取り組んできた。
その後、アフラックペットは、トゥルーパニオン・インコーポレーテッド(ダリル・ローリングス最高経営責任者、以下「トゥルーパニオン」)との合弁会社として事業を開始する予定だった。これに向けて、同社、同社最終持株会社であるアフラック・インコーポレーテッド(ダニエルP.エイモス会長兼最高経営責任者)及びトゥルーパニオンは、ペット保険事業及び市場機会について、さまざまな観点から詳細に検証してきたが、トゥルーパニオンの合弁事業に関する方針変更及びこれに伴う再検討などの要因もあり、当初予定していた本格展開を中止するとの判断に至った。そのため、合弁事業の前提となる基本合意書は、3者の合意により解消した。
なお、このことは、トゥルーパニオンとアフラック・インコーポレーテッドの間の資本業務提携を変更するものではない。両社は、北米での職場チャネルにおけるペット医療保険の成長的な浸透に向けた戦略提携に引き続き関与する。
契約者保護の観点から、アフラックペットはペッツベストから引き継いだ保険契約(2023年9月末時点の有効契約:約6,500件)に関しては、満期まで契約を継続のうえ、一定期間については、契約者の希望に応じて更新を行う予定である。今後の保険契約の取り扱いについては、詳細が決定次第、対象のお客様へ別途案内している。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

かんぽ生命、国内公募劣後特約付無担保社債の発行に係る条件決定

生保

日本生命、シンガポール子会社がインド子会社を設立

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債を発行

生保

第一生命ホールディングス、米国子会社プロテクティブ社によるShelterPoint社を買収

損保

アニコム損保、有限会社ワンラブと代理店委託契約解除が成立

損保

三井ダイレクト損保、本社ビル女性トイレに「OiTr(オイテル)」を導入

生保

アフラック生命、<はぐくむ子育て保険ボヤージュ>をアフラック販売代理店で取扱開始

生保

アフラック生命子会社「SUDACHI少額短期保険株式会社」、「アフラック少額短期保険株式会社」へ社名変更

生保

住友生命、シンガポール駐在員事務所を設立

損保

東京海上日動、指定工場制度の廃止に伴う修理工場マッチングサービスの提供開始

関連商品