新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

第一生命が協力する「大宮駅東口大門町3丁目中地区市街地再開発事業」都市計画が決定

大宮駅東口大門町3丁目中地区市街地再開発準備組合(逸見裕一理事長、2022年4月設立)が推進する「大宮駅東口大門町3丁目中地区市街地再開発事業」は、12月8日に、さいたま市より、都市計画決定(都市再生特別地区等)の告示を受けた。なお、都市再生特別地区の制度活用は、埼玉県下初の取り組みとなる。
本準備組合の構成企業(大宮ガレージ株式会社、大宮製油合名会社、株式会社埼玉りそな銀行)は、これまで半世紀以上にわたり計画地において、地域に根ざして事業を営んできた。その後、建物老朽化や道路拡幅整備事業(氷川緑道西通線)を契機に、2015年頃より一体再開発の検討に着手し、2021年度に開催したプロポーザルコンペで事業協力者(第一生命保険株式会社、株式会社竹中工務店)を選定した上で、各社が有するノウハウを生かし、計画検討を進めてきた。
本事業の計画地は、都市再生緊急整備地域(大宮駅周辺地域)内に立地するとともに、東日本の広域交通拠点である大宮駅東口周辺の商業・業務集積エリアと、氷川参道周辺の緑豊かな住宅エリアの結節点に位置している。
このような立地特性を踏まえ、新施設は高水準の環境・ウェルネス性能を備えたオフィスを中心に構成しながら、低層部には銀行・店舗と緑溢れるオープンスペースを設けることで、さいたま市が推進する「グリーンインフラの形成」や「ウォーカブルなまちづくり」に貢献するとともに、オフィスワーカー/地域住民の方々へ、新たなワーク/ライフスタイルを提供することを企図している。
本準備組合は、今後、再開発組合設立・事業認可を目指し、引き続き活動を進めていく。
<本事業の概要>
施行区域の名称:大宮駅東口大門町3丁目中地区
所在地/施行区域面積:埼玉県さいたま市大宮区大門町三丁目内/約0.6ha
施行者の名称:大宮駅東口大門町3丁目中地区市街地再開発組合(予定)
延床面積;約4万平方メートル
規模:地下1階・地上21階建(最高高さ約100m)
主構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
主要用途:オフィス・銀行・店舗・駐車場
想定スケジュール:
・2024年度再開発組合設立・事業認可
・2025年度権利変換計画認可、工事着手
・2028年度施設建築物建築工事完了

関連記事(保険業界ニュース)

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

損保

東京海上日動、保険代理店を通じたビジネスマッチング事業を本格展開

損保協会・団体

損保協会、2024年度自賠責運用益拠出事業17.6億円を決定

生保

第一生命、2024年4月1日付組織改編

生保

第一生命、日本国が発行するクライメート・トランジション利付国債(第1回)へ投資

損保

au損保、ペット保険のキャッチコピーと商品呼称をあらたに策定、新TVCM全国放映とウェブサイトのフルリニューアルを実施

生保

明治安田生命新宿ビル新築工事仮囲いに工学院大学学生が描いた巨大ピクセルアート出現

生保

第一生命、ペアローン利用者の連生団体信用生命保険の取扱開始

生保

第一生命、第76回「保健文化賞」の募集開始

生保

日本生命、「日本生命四条ビル」の建替計画を発表

関連商品