新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

住友生命、株式会社PREVENTの株式を100%取得しグループ入り

住友生命は、株式会社PREVENT(以下「PREVENT」)の株式を12月8日付で100%取得し、PREVENTは住友生命グループ入りした。
1.背景
PREVENTは、WaaS(Well-being as a Service)エコシステムにおける重症化予防領域のパートナーであり、2021年の住友生命CVCファンドからの出資および業務提携を皮切りに、自治体向けサービスの共同開発や団体保険への付帯サービス提供等の協業を通じて「健康長寿社会の実現に貢献する」ことを目標に、共に取り組んできた。
さらなる協業の発展を目指し検討を進めていく中で、PREVENTが持つヘルスケア領域におけるノウハウや技術力に加え、住友生命グループのリソースも活用し、グループとして一体でヘルスケア事業を拡大していくことが最良の選択であると方針が一致し、PREVENTを住友生命グループに迎え入れることとした。
2.これまでの取組みと今後の展開
住友生命の「Vitality健康プログラム」、PREVENTの医療データ解析「Myscope」および生活習慣改善支援プログラム「Mystar」をそれぞれ活用した協業としてMVM事業(以下「本事業」)を展開してきた。
本事業は、官民連携事業の新たな形として自治体と共に実証事業を実施し、市民の健康増進を促進するだけでなく、自治体の医療費財政の適正化に貢献できるサービスとして展開している。既に複数の自治体で実証実験を実施し、茨城県鹿嶋市では市民向けサービスとして社会実装されている。
社会実装化に向けては、「証拠に基づく政策立案(エビデンス・ベースト・ポリシー・メイキング(EBPM))」に取り組み、事業効果を最大化するために必要な要素を網羅し、体系的に可視化することのできるロジックモデルを自治体と共に構築してきた。
今後、企業の健康経営や人的資本経営の推進、健康保険組合における医療費財政の適正化に向けても本事業は有効活用できると考えており、今回のグループインによって、より一体となって事業展開を加速させていく。
CVCファンドからの出資・業務提携を経てグループインに至ったケースは住友生命として初めての事例であり、今後も将来性のあるスタートアップ企業への投資を通じてWaaSエコシステムの拡充に資する事業共創を推進していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

富国生命、機構の改正を実施

生保

住友生命、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の「運営管理機関手数料無料コース」発売

生保

第一フロンティア生命、組織改編を発表

生保

ネオファースト生命、組織改編を発表

生保

住友生命、令和6年のグローバル・マネー・ウィーク(Global Money Week)へ参加

損保

東京海上ホールディングス、「グループ監査委員会」を設置

損保

東京海上ホールディングス、自己株式を消却

生保協会・団体

生保協会、スチュワードシップ活動ワーキング・グループによる協働エンゲージメントを実施

生保

第一生命ホールディングス、公開買付届出書の訂正届出書提出に伴う「株式会社ベネフィット・ワン株式に対する公開買付けの開始に関するお知らせ」の変更を発表

生保

住友生命、スミセイ「わが家の防災」アンケート2024を実施

関連商品