新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大同生命、社長が声をかけあうサイト「どうだい?」会員数5万人突破

大同生命は、中小企業経営者のためのWebコミュニティ「どうだい?」の会員数が5万人を超えた。
同社は、中小企業とともに社会的課題の解決に取り組んでいくため、保険会社としては初となる中小企業経営者にフォーカスしたWebコミュニティ「どうだい?」を無料で提供している。
利用者のみなさまの声を反映して、コンテンツや機能を拡充させてきた。
「どうだい?」は、中小企業経営者のみなさまに寄り添うプラットフォームとして、より多くの経営者のみなさまに利用してもらえるよう、今後も進化を続けていく。
<社長が声をかけあうサイト「どうだい?」の特長>
相談する
・経営の悩みや困りごとを、同じ境遇の経営者に相談可能
・経営に関する専門家からのアドバイスを受けることも可能
学ぶ
・中小企業の苦労話や体験談などの事例を紹介
・「経営のヒント」となるウェビナーを毎月開催
試してみる
・経営課題の解決に役立つ、同社の様々な経営支援サービスを紹介
つながる
・コンタクトを取りたい経営者に直接メッセージを送付可能
<真山仁(まやま じん) 氏(小説家)からの応援メッセージ>
SNS大流行の社会が進めば進むほど、人間関係が希薄になる。
人に頼るより機械(AI)に依存するという信じられない事態も、もはや当たり前。
だが、そんなことをしていたら、人間が人間でなくなりますよ。
だから、悩みも希望も、人と語り合って高めていかないと。
私が「どうだい?」を応援する理由も、そこにあります。
異なる環境にいながら、同じ立場で、似たような悩みを持つ経営者が、きっかけを求めて行動する――。
だから、人間力も磨けるし、思いも寄らないヒントも手にできる。
5万人突破で、より多くの出会いと希望が生まれますように。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、4月1日機構変更

生保

メットライフ生命、「もし100専門家サポート(商品付帯サービス)」に契約消滅後も継続利用できる新制度や2つの専門デスクを導入

損保

東京海上日動、マイナンバーカードの公的個人認証サービスを利用した保険契約手続き開始

損保

セゾン自動車火災、防災意識向上のきっかけに「ソナエる意識向上月間2024」を開催

生保

日本生命、PHRを活用した「みなし健診」サービスの提供開始、日本航空健康保険組合が参画決定

生保

大同生命、中小企業向け「サステナビリティ経営実践ガイド」発行

生保

太陽生命、太陽生命少子高齢社会研究所が実施する「音声データを活用した要介護リスクの早期発見AIの開発」が、厚労省実施の「中小企業イノベーション創出推進事業」に採択

生保

T&Dホールディングス、太陽生命、大同生命、T&Dアセットマネジメント、生物多様性に関するイニシアティブ「Spring」への参画

生保

大同生命、コールセンターがHDI「五つ星認証」を取得

生保

ネオファースト生命、健診結果改善サポートアプリ「Neoコーチ」10万ダウンロード達成、ユーザー体験の向上に向けた機能追加

関連商品