新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

ライフネット生命、電気代や物価上昇に関する調査を実施

ライフネット生命は、この度、18歳から59歳までの男女1,000名を対象に、電気代や物価上昇に関する調査をインターネットにて実施した。
本調査により、食費やガソリン代などの値上がりについて多くの人が実感しているほか、今冬(2023年~2024年)の電気代が上がりそうだと考えている人が約7割に達することがわかった。
■調査概要
・調査タイトル:「ライフネット生命保険物価上昇に関するアンケート調査」
・調査対象:18歳から59歳までの男女1,000名
・調査方法:ウェブアンケート
・調査地域:全国
・調査実施時期:2023年9月
・調査協力:株式会社クロス・マーケティング
[調査結果の概要]
①物価上昇の実感と、上昇を感じる項目
・全体の約9割が「物価上昇を感じる」
・物価上昇を感じる人のうち、約8割が「食費」、約7割が「電気代」、約5割が「ガソリン代」で物価
上昇を感じている
②電気代の値上がりについて
・全体の約7割が「2023年7月の電気代が1年前の同時期と比較して高くなった」と回答
・2023年7月の電気代は2022年7月の電気代と比較して、平均4,376円上昇
・電気代は1人暮らしでは平均4,199円、6人暮らしでは平均9,197円上昇
・全体の約7割が「今冬(2023年~2024年)の冬の電気代が昨冬と比較して上がる」と感じている
③支出の削減について
・全体の約6割が「固定費の削減について考えたことがある」と回答
・支出を削減する場合、約7割が「電気代を削減したい」と回答
・支出を削減してお金をかけたい品目の上位3品目は「娯楽費」「食費」「投資費用」

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ライフネット生命、環境保全に貢献する「みらいの森づくりプロジェクト」を実施

生保

マニュライフ生命「アジア・ケア・サーベイ2024」を発表~日本の生活者、将来のファイナンシャル・ウェルビーイング実現への期待度がアジアで最下位、退職後に向けた積極的な準備が必要

生保

エヌエヌ生命、家業経営者の父親とその子どもに関する調査品を発表

生保

ライフネット生命、早稲田大学における提携講座を開講

生保

日本生命、「父の日」に関するアンケート調査を実施

生保

アクサ生命、世界16の国と地域で実施、アクサのマインドヘルス調査「心の健康」日本は最下位

生保

大同生命、「新規顧客・販路の開拓/日銀のマイナス金利政策解除」について調査を実施

生保

ライフネット生命、新たな経営方針及び中期計画策定

生保

ライフネット生命、保険計理人が異動

生保

ライフネット生命、近藤良祐氏がライフネットみらい社の新社長に

関連商品