新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

SOMPOひまわり生命、コールセンターの手話・筆談・チャットサービスシステムをバージョンアップ

SOMPOひまわり生命は、11月30日に、お客さまの利便性向上を目的として、プラスヴォイス社と提携しているコールセンター手話・筆談・チャットサービス(以下「同サービス」)のシステムバージョンアップを行った。
1.概要
同社は2018年3月1日より、耳や言葉の不自由なお客さま向けの手話や筆談、文字チャットによる電話受付サービスを開始した。この度、より一層お客さまに寄り添ったサービスの提供を目的として、同サービスのシステムバージョンアップを行った。
2.サービスの概要
手話通訳コールセンターを運営しているプラスヴォイス社と提携し、お客さまよりビデオ通話を通じて保険加入の相談や、既契約に関する各種手続き・問い合わせを手話や筆談、文字チャットにて受け付け、その内容をプラスヴォイス社のオペレーターが同社のコールセンターへ音声電話によりリアルタイムに通訳する。
3.システムバージョンアップの内容
(1)機能追加
①ビデオ通話が大画面で見やすくなった。
②三者通話が可能となった。
③入力文字について、メニューバーよりお好みの画面への切替や文字サイズ・明るさの調整が可能となった。また、文字の入力経過が見えるようになった。
④対応完了後に実施するアンケートが表示できるようになった。
お客さまの意見・要望をサービスの改善に役立てる。
(2)カラーユニバーサルデザインの採用
従来のシステムは緑色だったが、より多くのお客さまに見やすい配色とすることを目的に、青色のインターフェースに変更した。
4.今後の展開
今後も、お客さま対応の品質向上を図ることで、同社の契約者のみならず、広く一般消費者の皆さまが安心して暮らせる社会の実現に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

メットライフ生命、「もし100専門家サポート(商品付帯サービス)」に契約消滅後も継続利用できる新制度や2つの専門デスクを導入

生保

日本生協連、「令和6年(2024年)能登半島地震」の被害に対する支援、仮設住宅約7500戸へコープ商品寄贈

生保

SOMPOひまわり生命、全国健康保険協会石川支部との「かがやき健康企業宣言」事業にかかる覚書締結

損保

東京海上日動、マイナンバーカードの公的個人認証サービスを利用した保険契約手続き開始

生保

明治安田生命、「シャレン!で献血」献血協力者数が1万人を突破

損保

セゾン自動車火災、防災意識向上のきっかけに「ソナエる意識向上月間2024」を開催

生保

日本生命、PHRを活用した「みなし健診」サービスの提供開始、日本航空健康保険組合が参画決定

生保

大同生命、中小企業向け「サステナビリティ経営実践ガイド」発行

生損共済

JA共済連、未就学児・小学校低学年向け『つうがくろあんぜんMAP』を作成

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

関連商品