新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

かんぽ生命、ISSESGの「ESGコーポレートレーティング」で「Prime Status」に認定

かんぽ生命は、代表的なESG評価の一つであるISSESGによる「ESGコーポレートレーティング」で「Prime Status」に初めて認定された。(11月1日付)
ISSESGは、議決権行使助言会社であるインスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)の責任投資部門で、サステナビリティ格付評価を行っている。「ESGコーポレートレーティング」は、約7,800社の企業の取り組みを環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の観点で評価し、各業界内で高い評価を受けた企業を「PrimeStatus」に認定している。
今回、かんぽ生命は「気候変動」や「従業員の安全衛生・ワークライフバランス」等に関する取り組みが高く評価され、「PrimeStatus」に認定されるとともに、世界の保険業界において上位10%の評価を獲得している。
今後も、「お客さまの人生を保険の力でお守りする」という社会的使命のもと、サステナビリティをめぐる社会課題の解決と企業の持続的な成長の実現に向けて、取り組みを進めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

かんぽ生命、2024年4月1日以降に適用する前納払込保険料を改定

生保

プルデンシャル生命、OpenWork「働きがいのある企業ランキング2024」にて8位にランクイン、金融機関で唯一TOP10入り

生保

明治安田生命、環境省第5回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」銅賞を受賞

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、三井住友海上プライマリー生命、グループ3社がスポーツ庁スポーツエールカンパニーに認定

生保

かんぽ生命、ラジオ体操・みんなの体操会の開催地・日程を決定

生保

明治安田生命、PRI(国連責任投資原則)年次評価結果を公表

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

生保

日本生命、第5回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」投資家部門で金賞(環境大臣賞)受賞

生保

SBI生命、保険市場・2024年版最も選ばれた保険ランキングで「クリック定期!Neo」「SBI生命の終身医療保険Neo」「働く人のたより」が第1位を獲得し8冠

生保

かんぽ生命、自然に関するスチュワードシップイニシアチブ「Spring」の投資家ステートメントにEndorserとして署名

関連商品