新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大同生命、子どもたちに約1.5万食分の食事代を寄付

大同生命は、認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえに、子どもたちの約1.5万食分の食事※1に相当する金額を寄付する。
こども食堂は、おなかをすかせた子どもたちへの食事提供から孤食の解消、地域の多世代交流の場など、誰にとっても大切な“居場所”となりうる場所である。同社は「誰も取りこぼさない社会をつくる」との想いで活動している「むすびえ」の取組みに共感し寄付を行うことで、未来を担う子どもたちや子育て世帯を支援するとともに、子どもの貧困や孤立等の課題解決に向けた地域・社会とのつながりづくりに貢献する。
同社が提供する中小企業の健康経営(R)※2実践支援ツール「大同生命KENCO SUPPORT PROGRAM」の利用者を対象とした「秋のウォーキングキャンペーン」(開催期間:本年10月1日~10月31日)において、「8,000歩あたりごはん茶碗1杯分相当の寄付」を実施し、同社役職員を含め約1.5万名の方が参加した。
結果、参加者の合計歩数が約34億歩となったため、子どもたちの食事約1.5万食分にあたる約764万円を寄付する。
今後も健康経営の推進を通じて、中小企業で働くすべての人々の健康維持・増進に貢献するとともに、様々な社会貢献活動を通じて、「サステナブルな社会」の実現に貢献していく。
<寄付先および寄付内容>
団体名:認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ
代表者:理事長:湯浅誠(社会活動家/東京大学特任教授)
設立年度:2018年
活動内容:こども食堂を応援する企業・団体とこども食堂をつなぐほか、こども食堂の意義や実態を伝え、理解を広げるための調査・研究などを行う。
寄付内容:ウォーキングキャンペーン参加者の合計歩数に基づき、8,000歩あたりごはん茶碗1杯分相当の金額を寄付
寄付金額:7,640,442円
※1:食事1食あたり500円で換算。
※2:「健康経営」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標である。
<「ウォーキングキャンペーン」を通じた寄付活動>
時期/寄付金額
・2022年7月5,240,520円
・2022年11月 6,202,640円
寄付先:特定非営利活動法TABLE FOR TWO International
目的:アジア・アフリカの子どもたちに学校給食を提供
・2023年3月 5,263,400円
・2023年7月 5,975,730円
寄付先:認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン
目的:国内のひとり親世帯の子どもたちに食事を提供
・2023年11月 今回】 7,640,442円
寄付先:認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ
目的:こども食堂を通じた子どもたちへの食事の提供
合計 30,322,732円

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、4月1日機構変更

生保

日本生協連、「令和6年(2024年)能登半島地震」の被害に対する支援、仮設住宅約7500戸へコープ商品寄贈

生保

明治安田生命、「シャレン!で献血」献血協力者数が1万人を突破

生保

大同生命、中小企業向け「サステナビリティ経営実践ガイド」発行

生損共済

JA共済連、未就学児・小学校低学年向け『つうがくろあんぜんMAP』を作成

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

住友生命、令和6年のグローバル・マネー・ウィーク(Global Money Week)へ参加

関連商品