新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

明治安田生命 「いい夫婦の日」に関するアンケート調査を実施~マッチングアプリが1年以内に結婚した夫婦の出会いのきっかけトップに

明治安田生命は、11月22日の「いい夫婦の日」にちなんで、夫婦をテーマとしたアンケート調査を実施した。
●1.現在の夫婦関係
(1)夫婦円満について
・「夫婦仲が円満」であると回答した人は74.6%(昨年差▲0.5pt)と引き続き高い水準に
・夫婦円満のために必要なことを聞くと、「よく会話する」(46.9%)がトップ
・「夫婦仲が円満」と回答した人の会話時間は、平日でも2時間以上(145分)ある一方「夫婦仲が円満でない」人は41分と、100分以上の大きな差が
・会話の時間をしっかりと取ることが、“夫婦円満”の秘訣?
・夫婦関係で不満なことを聞くと、全体では「生活面での細かなズレ」(25.2%)がトップ
・「夫婦仲が円満でない」人の不満なことは、「思いやりがない」(35.8%)が1位に
・冷めた夫婦の関係を修復するには、相手への思いやりが必要か!?
(2)プレゼントについて
・年間のプレゼント予算は45,595円(昨年差▲2,730円)と前年から減少
・昨年度からプレゼント予算が減少した理由は「家計の余裕がなくなった」(39.6%)「物価が上昇しているため」(21.3%)「旅行や外出などプレゼント以外の支出が増えているため」(12.9%)と、物価高や、コロナ禍の反動で旅行や外出の支出が増えたことを反映する結果に
・「夫婦仲が円満」な人のプレゼント予算は47,722円に対して、「夫婦仲が円満でない」人の予算は34,123円と、その差は13,599円に
・出費は増えてしまってもプレゼント予算を確保することが夫婦円満のために大切かも?
●2.夫婦の出会いと結婚
(1)出会いのきっかけについて
・1年以内に結婚した夫婦の出会いのきっかけは「マッチングアプリ」(25.0%)と「職場での出会い」(25.0%)が同率トップ
・“婚活”で「マッチングアプリ」を利用した人に動機を聞くと、トップは「手軽に出会えるから」(46.7%)、「職場に出会いがないから」(46.7%)、次いで、「好みの相手を選ぶことができるから」(41.7%)。身近な出会いがない人にとって、手軽に好みの相手を選べることが人気の理由に
・コロナ禍で落ち込んでいた「職場での出会い」も、結婚2年目の夫婦(13.3%)と比べ11.7ptアップコロナ明けで出勤が増えたことや、飲み会などの職場での交流が増えたことが、定番の「職場の出会い」復活に影響しているのかも?
(2)婚活について
・「婚活をしたことがある」と回答した人は15.4%で、年代別でみると30代の5人に1人(21.1%)が“婚活”の経験あり
・“婚活”の方法は「婚活パーティー・婚活イベント」が首位(40.0%)に
・年代別で“婚活”方法のトップを見てみると、20代は「マッチングアプリ」が51.0%でトップに。SNSの浸透で、インターネットでのコミュニケーションに抵抗の少ない若者ならではの傾向か?
・30代と50代をみると、「婚活パーティー・婚活イベント」がトップ(30代:50.9%、50代:54.1%)“ちょっと待ったぁ!”で有名なあの番組や、あの芸人が司会していた大規模なお見合いイベントバラエティーの影響か?“婚活番組世代”と言えるのかもしれない
・40代では「合コン」(48.9%)がトップ、多くのドラマで合コンのシーンが登場していた影響もあるのかも?
・60代・70代のトップは「お見合い」(60代:60.0%、70代:66.7%)。
70代からは「文通」との回答もあり
・“婚活”のやり方には、当時のトレンドが反映される結果に
(3)新婚旅行について
・新婚旅行に行ったことがある人は約4人に3人(74.7%)
・1年以内に結婚した人に聞くと、新婚旅行に行った人は47.9%と半数に満たず。
行き先も海外26.1%に対して国内73.9%と、国内旅行が主流に
・コロナ禍前に結婚した人(結婚して5年以上)では、新婚旅行の行き先は海外(平均55.6%)が国内(平均44.4%)を上回っており、コロナ禍前の主流は海外旅行だったことがわかる結果に
・新型コロナウイルス感染症の流行や、円安の進行が、令和のハネムーンにも影響か?
●3.夫婦の結婚への価値観
(1)結婚について
・「結婚はするべき」と回答した人は76.4%と、7割以上が結婚に対して肯定的な結果に
・「結婚はするべき」と思う理由は、「ひとりだと寂しいから」(32.9%)、「家庭をもってこそ一人前だと思うから」(21.9%)、「子育てをしたいから」(11.1%)
・年代別にみると、20代では「ひとりだと寂しいから」(40.7%)が最も多い一方で、70代では「家庭をもってこそ一人前だと思うから」(35.6%)がトップと、年代で価値観に差が
・「家庭をもってこそ一人前だと思うから」という“外からの見え方”よりも、精神面で寄り添える人と過ごしたいという“内面”を優先するような価値観に変化しているのかも!?
(2)結婚式について
男女の間で意外なギャップが
・「結婚式をあげるべき」と回答した人は54.8%と半数以上に
・「結婚式をあげるべき」と思う理由は、「記憶に残るイベントだから」(65.7%)、「結婚生活の満足度に関わるから」(16.0%)、「結婚相手が望むから」(7.0%)
・男女別にみると、男性の63.3%が「結婚式をあげるべき」と考えている一方、女性は46.3%と半数に満たず、男性の方が17.0pt高い結果に
・“女性の方が結婚式を挙げることを望んでいる”イメージもあるなか、意外なギャップが浮き彫りに
●4.理想の有名人夫婦
・第1位は、今年結婚30周年を迎える「ヒロミ・松本伊代」夫妻。幅広い年代からの支持を集めてV3を達成
・第2位は「DAIGO・北川景子」夫妻。20~30代でみるとトップで、「夫のサポートで、妻が輝き続けているのを感じる」などの声も
・第3位は「唐沢寿明・山口智子」夫妻。特に50代からの支持を集めてランクイン
・第7位の「賀来賢人・榮倉奈々」夫妻は、昨年の20位から大きくジャンプアップ
“2人ともおしゃれで素敵”などの理由で、特に20代からの人気がアップ

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、環境省第5回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」銅賞を受賞

生保

明治安田生命、「シャレン!で献血」献血協力者数が1万人を突破

生保

明治安田生命、PRI(国連責任投資原則)年次評価結果を公表

生保

明治安田生命、「理想の上司」アンケート調査を実施

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

明治安田生命、「GX経済移行債」へ投資

生保

明治安田生命、JLPGAステップ・アップ・ツアー「明治安田ステップ・ランキング」を新設

生損その他協会・団体

日本企業80社が自然関連財務情報開示に取り組む“TNFD Early Adopter”として登録

生保

明治安田生命新宿ビル新築工事仮囲いに工学院大学学生が描いた巨大ピクセルアート出現

生保

明治安田生命、「MYサステイナブルファイナンス」の取扱実績~累計500億円を突破~

関連商品