新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

マニュライフ生命、「UCDAアワード2023総合賞」でゴールドを受賞、「デジタル」カテゴリで「UCDAアワード2023」を受賞

マニュライフ生命は、一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会(UCDA)が主催する「UCDAアワード2023」において「UCDAアワード2023総合賞」で最高賞のゴールドを受賞したほか、「デジタル」「印刷物」カテゴリも含め、全部で4つの賞を受賞した。
「UCDAアワード」は、見やすく、わかりやすく、伝わりやすいコミュニケーションという観点で、「デザインの情報品質」を専門家と生活者が評価し、総合的に評価の高い企業・団体に贈られるものである。マニュライフ生命は2015年から商品パンフレットなどで毎年高い評価を獲得しており、9年目となる今年は4つの賞の受賞となった。
「UCDAアワード総合賞」は、エントリー企業の中からユニバーサルコミュニケーションデザイン(UCD)による社会課題の解決や、年間を通じた認定、認証への取り組みなどの「企業の情報品質」を、UCDAが独自に設けた項目で総合的に評価するものである。各部署が作成したお客さま向けツールを社内で評価する「UCDチャレンジカップ」を実施するなど、継続的にUCDを推進してきたマニュライフ生命は、今年初めて最高賞となるゴールドを受賞した。
カテゴリ別では、「デジタル」カテゴリにおいて「こだわり個人年金(外貨建)」の商品紹介ウェブサイト「ラクシルnavi」のストレスフリーな仕様や直感的な操作性、ユーザビリティが評価され、最高賞の「UCDAアワード2023」を受賞した。
「印刷物」カテゴリでは2つの賞を受賞した。お客さまへ契約に必要な情報を案内する「ご契約後の情報提供について」のチラシは「情報のわかりやすさ賞」、「未来を楽しむ終身保険」の商品パンフレットは「特別賞」を受賞した。
マニュライフ生命ではカスタマー・セントリシティ(お客さま中心主義)を推進しており、商品やサービスはもちろん、ウェブサイトやパンフレットなどを通じたあらゆるコミュニケーションにおけるお客さま体験の向上を目指している。さまざまなお客さまにUCDによるわかりやすい情報を提供することは、同社のインクルーシブな環境づくりの取り組みの一環でもある。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

イーデザイン損保、カスタマーサポート表彰制度優秀賞を受賞

生保

明治安田生命、「2024年度カスタマーサポート表彰制度」において「特別賞」を受賞

生保

アフラック生命、「Insurance Asia Awards2024」で5年連続で受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、「Insurance AsiaAwards2024」で2部門を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、ドイツAutohaus誌の自動車ブランド保険評価にて現地トヨタ保険が11年連続13回目の総合1位を獲得

損保

MS&ADホールディングス、CVCが「GCVパワーリスト賞2024」に選出

生保

プルデンシャル生命、Forbes誌「World’s Best Insurance Companies2024」に選出

生保

SBI生命、ナビナビ保険「2024年版ナビナビ保険グランプリ」就業不能保険部門にて「働く人のたより」が3年連続第1位を獲得

損保

あいおいニッセイ同和損保、DXソリューションパッケージが日本DX大賞特別賞を受賞

生保

マニュライフ生命「アジア・ケア・サーベイ2024」を発表~日本の生活者、将来のファイナンシャル・ウェルビーイング実現への期待度がアジアで最下位、退職後に向けた積極的な準備が必要

関連商品