新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

第一生命、「exaBase Studio」を導入

第一生命は、株式会社エクサウィザーズ(以下「エクサウィザーズ」)が提供するexaBase Studioを活用し、ChatGPT等の生成AIの安全かつ効率的な利活用を目的としたAI活用プラットフォーム(以下、AI活用プラットフォーム)構築に着手する。
1.第一生命における生成AIの活用
ChatGPTをはじめとした生成AIは多くの課題解決に効果を発揮するため、その安全かつ効率的な活用環境を整備することは重要な経営課題として捉えている。
一方で生成AIは利便性をもたらすと同時に、秘密情報・個人情報の漏えいや、誤りを含む情報を提示する事象(ハルシネーション)を惹起する懸念を有していることから、第一生命では、AI利用に関するリスクコントロールを図りながら、AI開発における俊敏性・迅速性を高める仕組みを構築することで、生成AIを幅広い業務へ適用する体制作りを進めていく。
2.AI活用プラットフォームの特長
生成AI実装において安全かつ効率的に活用する機能として、利用ログ・入出力データの記録やハルシネーションチェック等がテンプレートとして提供されている、exaBase StudioをAI活用プラットフォームの中核として活用を進めていく。
今般、exaBase Studioを活用した実証実験として、以下業務を効率的かつ高度化する仕組みの構築に着手し、社内での活用を段階的に進めていく。exaBase Studioが提供する、ローコードの開発・運用環境の活用により、約50%の開発生産性向上を見込んでいるとともに、市民データサイエンティスト1によるAI実装の内製化を推進していく。
・レポート作成:社員の設定した内容に基づいて、社内の各種のデータソース(データベース、Excelなど)に保持されている情報と、インターネット上にある外部の情報を統合し、生成AIが社員の様々な活動に必要となるレポートを自動で作成する。
・書類のひな型生成:社員が行政など外部に提出するドキュメント(申請書類等)の種類を指定すると、生成AIが各種法令や社内のガイドライン、過去の書類などをもとにしてチェックを行い、ひな型となる文書を提案する。
今後、生成AI活用により、社内業務のさらなる生産性向上に取り組んでいくとともに、AI活用プラットフォームを国内外の多様なAIモデルと連携可能な中継基盤として拡張し、お客さまの利便性向上に貢献するサービスを安全に提供していく。
3.exaBase Studioについて
「exaBase Studio」は、エクサウィザーズが提供する、課題解決にむけたAIサービスの設計/開発/現場運用をオープンかつアジリティ高く進めることを可能とするプラットフォームである。わかりやすいUI(ユーザーインターフェース)を備え、開発の煩雑な手順を半自動化することで、開発プロセスを大きく変えAIの利活用を促進する。経営者や業務をよく知る社内人材を巻き込んだAIサービスの設計・更新がしやすく、「動くものを触りながら改善する」アジャイル型のサービス開発を可能にする。
exaBase Studioは、GPT等のLLMを用いたAIサービスの内製開発など、先進的な取組みを加速したいと考える企業を中心に提供を開始中であり、今期の本格展開を見据えていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

第一生命、2024年4月1日付組織改編

生保

第一生命、日本国が発行するクライメート・トランジション利付国債(第1回)へ投資

生保

第一生命、ペアローン利用者の連生団体信用生命保険の取扱開始

生保

第一生命、第76回「保健文化賞」の募集開始

生保

第一生命、企業のサステナビリティ取組みを融資で支援する「DLサステナビリティ・ファイナンス・フレームワーク」を制定

生保

第一生命、日本最大のスタジオ対抗ダンスコンテスト「SD.LEAGUE2024」タイトルスポンサーに就任

生保

第一生命、『地元サラ川(ジモサラ)』2023結果発表

生保

第一生命、2023年『サラっと一句!わたしの川柳コンクール』優秀100句決定

生保

第一生命、国連責任投資原則(PRI)の協働エンゲージメント「Spring」へ参画

関連商品