新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

かんぽ生命、企画業務の生産性向上・高度化を目的とした生成AIの導入

かんぽ生命は、企画業務における生産性向上及び高度化を目的とした生成AI(GenerativeAI)の活用に向け、株式会社グラファー(以下「グラファー」)が提供する法人向け生成AI活用プラットフォーム「Graffer AI Studio」を導入する。
<導入背景>
生成AIはその汎用性の高さから、企画業務における業務効率化やアイデア創出への活用が期待されており、生成AIを活用したサービスが企業においても積極的に導入され始めている。
かんぽ生命においても、生成AIの導入に向け、2023年6月からかんぽデジタルシステムズ株式会社との協働により、まずは検証用として独自の生成AIアプリを作成し、IT・デジタル部門の社員をユーザーとする実証実験を行い、利用ユーザーの意見を収集した。その結果、生成AIに対するユースケースの向き不向きや、用途によるモデルとの相性、用意したプロンプトのテンプレートごとの効果やユーザーニーズ・要望等を測定・確認できた。また実験に際し、チームごとに活用目標を設定し、実験後に達成度合を確認したところ、概ね良好な結果を得ることができた。
こうした実験の成果を取り込むことができることに加えて、導入までのスピード感、セキュリティ、導入実績なども考慮し、今般、本社部署を対象にグラファーが提供する「Graffer AI Studio」を導入することとした。
プロンプトとは、AIとの対話やコマンドラインインタフェース(CLI)などの対話形式のシステムにおいて、ユーザーが入力する指示や質問のこと。
<導入概要>
本施策は、文章の要約や資料構成案作成といった定常業務にかかる生産性の向上や、企画立案時におけるアイデア出しといった場面での活用を想定し、保険商品やサービスを企画・開発する部署を対象に2023年10月より先行導入する。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

かんぽ生命、自然に関するスチュワードシップイニシアチブ「Spring」の投資家ステートメントにEndorserとして署名

生保

かんぽ生命、日本国が発行するGX経済移行債へ投資

生保

かんぽ生命、インパクトコンソーシアムへ参画

生保

かんぽ生命、インパクト投資にかかる国際的なネットワークGIINへの国内生保初の加盟

生損その他協会・団体

日本企業80社が自然関連財務情報開示に取り組む“TNFD Early Adopter”として登録

生保

SBI生命、社内サービスデスク業務のAIオペレーター対応を開始、本人確認を声紋認証で行う仕組みも導入

生保

かんぽ生命、車いすテニスの大谷桃子選手が全豪オープンに出場

生保

日本郵政グループ、令和6年能登半島地震に対する非常取扱いを実施

生保

日本郵政、日本郵便、かんぽ生命、業務改善計画の進捗状況報告等を公表

生保

かんぽ生命、かんぽの一時払終身保険「つなぐ幸せ」を発売

関連商品