新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上プライマリー生命、金融機関代理店の「お客さま本位の業務運営」を支援する研修コンテンツを開発

三井住友海上プライマリー生命は、リスク性金融商品販売後の効果的なアフターフォローの定着を目的とした金融機関代理店向けの実践型研修「お客さまのためのアフターフォロー研修」を開発し、10月16日から提供する。
同社は、従来から金融機関代理店に対して様々な研修を実施することで、正しい募集プロセスの修得や苦情未然防止等を目的とした「お客さま本位の業務運営」の支援に取り組んでいる。今般、その取組みの一層の強化を図るため、アフターフォローに関する実践的な研修を開発した。
本研修は、特定保険契約を含む幅広いリスク性金融商品の販売において、より一層の強化が求められているアフターフォローを、お客さまの意向を踏まえて適正に実施する手法の修得を目的としている。
また、2022年4月にリリースした「金融ジェロントロジー研修」の開発で得た知見を活用し、加齢にともなう身体機能や認知機能の低下がみられる高齢のお客さまとの円滑なコミュニケーションについて、具体的事例を用いて、実践的なノウハウを修得できるように工夫している。
同社は、引き続き、金融機関代理店の「お客さま本位の業務運営」の支援を通じ、金融機関窓販マーケットの健全な成長に向けた取組みを推進していく。
■研修の特徴
特徴1 具体的な事例を用いて、アフターフォローの手法を修得<動画の視聴→対応方法の考察→グループで対応方法の共有→解説>
特徴2 お客さまの希望に応じた、アフターフォローの手法を修得

関連記事(保険業界ニュース)

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、三井住友海上プライマリー生命、グループ3社がスポーツ庁スポーツエールカンパニーに認定

生保

富国生命、機構の改正を実施

生保

第一フロンティア生命、組織改編を発表

生保

ネオファースト生命、組織改編を発表

損保

東京海上ホールディングス、「グループ監査委員会」を設置

損保

東京海上ホールディングス、自己株式を消却

生保協会・団体

生保協会、スチュワードシップ活動ワーキング・グループによる協働エンゲージメントを実施

生保

第一生命ホールディングス、公開買付届出書の訂正届出書提出に伴う「株式会社ベネフィット・ワン株式に対する公開買付けの開始に関するお知らせ」の変更を発表

損保

SOMPOホールディングス、株式分割および株式分割に伴う定款の一部変更を実施

損保

大同火災、「キャリアアップ合同研修」実施報告

関連商品