新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

富国生命、12月からアニコム損保のペット保険「どうぶつ健保」を取扱いへ

富国生命(以下「フコク生命」)は、アニコム損保と損害保険販売に係る委託契約を締結した。これにより、フコク生命はアニコム損保の代理店として、12月1日からアニコム損保のペット保険「どうぶつ健保ふぁみりぃ」「どうぶつ健保ぷち」「どうぶつ健保しにあ」の取扱いを開始する。
1.背景・目的
コロナ禍を契機として新たにペットを家族に迎える人が増加し、2022年のペット(犬・猫)新規飼育頭数は、コロナ禍前の2019年に比べて約115%と伸展※1している。そのペットが健康で長く暮らすために役立つペット保険の市場規模も年々増加している一方で、ペット保険の普及率は20%弱※2であることから、今後更なる保険加入ニーズが見込まれるものと考えている。
フコク生命は、お客さま本位の業務運営を行い、長期にわたりお客さまの負託に応えるため、『「お客さま基点」の業務運営方針』を策定し、当該方針のもと、「お客さまのニーズに対応した責任ある最適な保険商品・サービスの提供」に努めている。この度、ペット保険に対するニーズの高まりを見据えて、ペット保険シェアNo.1※3のアニコム損保との提携により、同社のペット保険を商品ラインアップに加えることとした。これにともない、お客さまの多様なニーズにより的確に応えることができるようになるとともに、ペットをきっかけとした新たなお客さまとの関係構築を図ることも可能となる。
一方、アニコム損保は、健康を見える化して未然に病気を防ぐ『予防型保険』の実現を目指している。「家族」であるペットの健康を守るには、飼い主の皆さまが診療費を気にすることなく、気軽に動物病院へ足を運べることが大切である。そこでアニコム損保では「どうぶつ健康保険証」を用意し、動物病院の窓口で保険証を提示するとその場で保険金請求が完了する「窓口精算」のシステムを構築することで、ペット保険の普及に努めてきた。今回の契約締結により、フコク生命の販売チャネルを通じて、より多くの飼い主さまにペット保険を提供することが可能となり、これまでアニコム損保との接点が少なかった方にアプローチすることで、ペット保険の更なる普及が期待できる。
※1 (一社)ペットフード協会「全国犬猫飼育実態調査」
※2 (株)富士経済発行「2023年ペット関連市場マーケティング総覧」調査
※3 シェアは、各社の2022年の契約件数から算出。(株)富士経済発行「2023年ペット関連市場マーケティング総覧」調査
12月からフコク生命にてアニコム損保のペット保険「どうぶつ健保」の取扱いを開始
2.取扱い商品の概要
(1)商品名
「どうぶつ健保ふぁみりぃ」「どうぶつ健保ぷち」「どうぶつ健保しにあ」
(2)対象となるペット
犬・猫
(3)補償内容
ペットの病気やけがに対して、契約プランに応じた診療費(通院・入院・手術)の一定割合(70%、50%)を支払う。
(4)主な特長
①対応動物病院※4で窓口精算※5が可能
②無料サービスの「どうぶつ健活」による腸内フローラ測定を年1回実施可能
③無料サービスの「どうぶつホットライン」によるLINE上での獣医師等への相談
※4 2023年6月末時点の対応動物病院数:6,830病院。
※5 「窓口精算」「どうぶつ健活」は、「どうぶつ健保ぷち」では利用できない。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

富国生命、2023・2024・2025年度日本経済の見通しを改訂

損保

アニコム損保、2024年最新版「猫の名前&人気猫種ランキング」を発表

生保

富国生命、学資保険「みらいのつばさ」が「ママリ口コミ大賞2024」学資保険部門で大賞を受賞

生保

富国生命、岩手県立釜石祥雲支援学校、生徒作品展示会「すまいる・ぎゃらりー」を開催

生保

富国生命、しまね信用金庫に贈呈のおやさいクレヨンで大東保育園園児が描いた作品が展示

生保

アニコム損保、最新版『人気犬種ランキング2024』を発表

生保

富国生命、「SANRIO Virtual Festival 2024 in Sanrio Puroland」協賛記念キャンペーンを実施

生保

富国生命、池上長尾保育園へのおやさいクレヨン贈呈式を実施

生保

富国生命、岡三証券グループとフコク生命共同で贈呈式を実施

損保

アニコム損保、KDDIと「おもいでケータイ再起動」を共同開催

関連商品