新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

マニュライフ生命、外貨建保険を解説する動画コンテンツ「ナゼ?ナニ?ガイカ」リニューアル

マニュライフ生命は、外貨建の生命保険商品において、お客さまに特徴やリスク、費用について理解を深めるための動画コンテンツ「ナゼ?ナニ?ガイカ」をリニューアルし、9月1日から公式ウェブサイトにて公開した。
円安基調や低金利を背景に、引き続き世の中の関心の高い外貨建保険であるが、その特徴やリスク、費用に関して、難しく感じるといったお客さまの声も聞かれる。「ナゼ?ナニ?ガイカ」は金融知識に不安のあるお客さまや、外貨建保険に興味がある一般の人々に十分に理解できるよう、わかりやすく説明した動画コンテンツである。リニューアルに伴い、誰でも容易に認識できるようなアイコンを採用するなど、ユニバーサルなデザインにこだわっている。また、対話型のナレーションによる解説など、よりお客さまに寄り添ったコミュニケーションを実現。
「ナゼ?ナニ?ガイカ」は6つの動画で構成されており、外貨建保険を検討するにあたってお客さまに理解してもらたい特徴やリスク、費用などがわかりやすく解説されている。
「ナゼ?ナニ?ガイカ」URL:
https://www.manulife.co.jp/ja/individual/about/insight/column/article/gaika_nazenani-movie.html
動画の構成
1 外貨建保険って、どんなしくみ?
2 外貨建だとどんなリスクがあるの?
3 保険料のほかに何か費用はかかるの?
4 資産を外貨で持つ意味ってあるの?
5 保険金などの受取りは外貨じゃないとダメなの?
6 解約時に戻るお金の調整って?(市場価格調整)
マニュライフ生命ではカスタマー・セントリシティ(お客さま中心主義)を推進している。パンフレットなどのお客さまとのコミュニケーションツールにユニバーサルなデザインを採用するなど、多様なお客さまに利用できるようインクルーシブな商品やサービスの提供に努めており、「ナゼ?ナニ?ガイカ」のリニューアルもその一環である。ま同社の注力する「金融リテラシー教育の推進」を支援する点から、持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)の活動にも繋がるものである。

関連記事(保険業界ニュース)

生保協会・団体

生保文化センター、「生命保険と税金の知識」改訂

損保

イーデザイン損保、能登半島地震発生後100日を機に「そのときクルマに乗っていたら?スクショ防災」特設サイトを開設

損保協会・団体

損保協会、新納協会長とフリーアナウンサー森本智子さんによる対談を公開

生保

マニュライフ生命、一時払終身保険へのニーズに応えるため『未来につなげる終身保険』の商品改定を実施

生保

マニュライフ生命、『こだわり個人年金(外貨建)』を新たに山口フィナンシャルグループ傘下の3銀行で発売

損保

東京海上日動、指定工場制度の廃止に伴う修理工場マッチングサービスの提供開始

生保

エヌエヌ生命、日蘭協業支援プログラム「MONO MAKERS PROGRAM2024」の参加者募集を4月1日から開始

生保

明治安田生命、“地元のひとが元気になる空間”「明治安田ヴィレッジ」にて謎解き企画を開始

生保

ジブラルタ生命、新サービス「給付金オンライン請求」を開始

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、SOMPOビジネス、自動運転サービスの社会実装に向けたソリューションの提供開始

関連商品