新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上あいおい生命、ヘルスケアサービス「MSAケア」を法人福利厚生制度として提供開始

三井住友海上あいおい生命は、9月2日から、ヘルスケアサービス「MSAケア」の優待利用対象を、同社に契約のある企業の従業員や団体の構成員にまで拡大する。
また、「&LIFE医療保険A(エース)セレクト(引受緩和型)」[正式名称:引受基準緩和型医療保険(無解約返戻金型)無配当]の発売に合わせて、糖尿病や高血圧等の生活習慣病の予防や改善につながる5種類のサービスを新たに導入する。
同社はこれからも、病気になったときに生命保険で保障することに加え、病気になる前、病気になった後のサポートを“ひとつながり”で届け、お客さまの「笑顔で長生き」を応援していく。
1.「MSAケア」優待利用対象の拡大
MSAケアの優待利用対象を、同社に契約のある企業の従業員等にまで拡大する。この利用対象の拡大により、福利厚生制度として「MSAケア」を導入することが可能となり、企業側のコスト負担なしで、人材確保や健康経営の実践につながる。
2.新たなヘルスケアサービスの導入
9月2日から、糖尿病や血圧が気になる方等に向けた、生活習慣病の予防や改善につながるサービスを「MSAケア」に導入する。
<新たに導入するヘルスケアサービスの概要>
①日常生活における血糖変動を測定し、生活習慣の改善をサポート
②がん罹患者や血圧が気になる方向け食事レシピを提供
③全国の病院の手術・治療数に基づいた病院のランキングを掲載
④高血圧症や糖尿病、脂質異常症の重症化を予防する2か月間の支援プログラム
⑤糖尿病、高血圧、脂質異常症などの自己管理・医療機関との情報共有アプリ

関連記事(保険業界ニュース)

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

住友生命、令和6年のグローバル・マネー・ウィーク(Global Money Week)へ参加

生保

T&Dフィナンシャル生命の土屋祐輝選手が「第20回冬季デフリンピック競技大会」男子フットサル競技の日本代表選手団に選出

生保

太陽生命、ジュニアアイスホッケースキルアップスクールに協賛

生保

エヌエヌ生命保険およびNNグループ従業員による「令和6年能登半島地震」の被害に対する追加義援金を寄付

生保

アフラック生命、「ゴールドリボンウオーキング2024」に特別協賛

生保

オリックス生命、「令和6年能登半島地震」により被災者へ義援金を寄付

関連商品