新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

明治安田生命、「にいがた未来応援グローバル株式ファンド」に投資

明治安田生命は、明治安田アセットマネジメント株式会社が設定・運用する公募株式投資信託「にいがた未来応援グローバル株式ファンド」に50億円を投資した。
本ファンドは、新潟県にゆかりのある上場企業を投資対象とし、運用管理費用(信託報酬)の一部を「新潟県の未来づくり」を支援するために寄付するなど、全国の投資家のみなさまと新潟県とのつながりを後押しするファンドであることから、同社が推進する「地元の元気プロジェクト」の一環として投資したものである。
同社では、SDGsから導き出される社会課題のうち、特に注力する優先課題の一つに「地方創生の推進」を掲げ、その解決に向けて、「地元の元気プロジェクト」を展開している。同プロジェクトでは、地域の橋渡し役として、より多くの地域のみなさまと各地域の資源・コミュニティをつなげるための活動に取り組んでいる。
同社は今後も、責任ある機関投資家として、地域社会の発展・活性化につながるファンドへの投資等を通じ、「地方創生の推進」に貢献していく。
〇「にいがた未来応援グローバル株式ファンド」の特長
①地域社会に根差す企業を応援
・ファンドの資金の一部を「新潟県に関連する株式」に投資することで、新潟県にゆかりのある企業を応援する
②地域社会への貢献
・投資家のみなさまが負担する運用管理費用(信託報酬)の一部を、「新潟県の未来づくり」を支援するために寄付する
③投資家のみなさまの資産形成を応援
・「新潟県に関連する株式」に加えて、「高配当日本株」および「外国株式」に分散投資し、中長期的な信託財産の成長をめざす

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、「(仮称)錦三丁目25番街区計画」の建物名称を「ザ・ランドマーク名古屋栄」に決定

生損共済

JA共済連、約80億円のESG投資を実施

生保

明治安田生命、代読・代筆などの応対方法を案内するプレートの来店窓口等を設置

生保

メットライフ、ステークホルダーのためのよりたしかな未来の創造に向けた、サステナビリティレポートを発表

生保

第一生命、MCPグループが運用する日本株ロング/ショート・ファンド・オブ・ファンズに投資

生保

太陽生命、大同生命、富士フイルムホールディングスが発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

明治安田生命、フランス預金供託公庫が発行する「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」に投資

生保

明治安田生命、「2024年度カスタマーサポート表彰制度」において「特別賞」を受賞

生保

太陽生命、「日本電気株式会社」が発行する「サステナビリティ・リンク・ボンド」への投資を実施

生保

明治安田生命、マイナンバーカードを活用した新たなお客さま向けサービスを開始

関連商品