新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大同生命、「中小企業支援フォーラム」を開催

大同生命は、2023年9月29日(金)に日本経済新聞社イベント・企画ユニットが開催する「中小企業支援フォーラム~中小企業がウェルビーイングを推進していくために~」に参画する。
近年、少子化等による労働人口の減少で、「働き手の確保」が日本企業の大きな課題となっている中、従業員が仕事の意義や社会とのつながりを感じながら、健康で生き生きと長く働き続けるための「ウェルビーイング経営」が注目されている。今回のフォーラムは、「中小企業のウェルビーイング推進」をテーマに、DX※1や健康経営(R)※2の意義について、企業経営者や有識者がディスカッションし、視聴される中小企業の皆さまに「推進のヒント」を得るためのものである。
※1:「DX(デジタルトランスフォーメーション)」は、デジタル技術を活用して、企業がビジネスモデルそのものを変革するとともに、組織・企業文化・風土を改革し、競争上の優位性を確立することである。
※2:「健康経営」は、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することである。
なお、「健康経営」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標である。
同社は、こうした取組みを通じて中小企業の持続的な発展と社会的課題の解決に貢献することで、「サステナブルな社会の実現」を目指していく。
<フォーラムの概要>
日時 2023年9月29日(金)14:00~17:00(ライブ配信)
テーマ 中小企業支援フォーラム~中小企業がウェルビーイングを推進していくために~
主催 日本経済新聞社イベント・企画ユニット
協賛 大同生命保険株式会社
進行 入山章栄氏(早稲田大学大学院早稲田大学ビジネススクール教授)、中井美穂氏(フリーアナウンサー)
主な対象 中小企業の経営者・役員、DX・健康経営の推進担当者など
視聴方法 オンライン視聴(無料・事前申込制)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、4月1日機構変更

生保

大同生命、中小企業向け「サステナビリティ経営実践ガイド」発行

生保

太陽生命、太陽生命少子高齢社会研究所が実施する「音声データを活用した要介護リスクの早期発見AIの開発」が、厚労省実施の「中小企業イノベーション創出推進事業」に採択

生保

かんぽ生命、インパクトコンソーシアムへ参画

生保

T&Dホールディングス、太陽生命、大同生命、T&Dアセットマネジメント、生物多様性に関するイニシアティブ「Spring」への参画

生保

大同生命、コールセンターがHDI「五つ星認証」を取得

生保

大同生命、「スポーツエールカンパニー」「東京都スポーツ推進企業」に認定

生保

朝日生命、インパクトコンソーシアムに参画

生保

大同生命、東洋大学と共同研究を開始

生保

SOMPOひまわり生命、健康経営アライアンスに参画

関連商品