新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

明治安田生命、営業職員チャネルのコンプライアンス・リスク管理態勢のさらなる高度化に向けた取組状況を公表

明治安田生命は、企業理念「明治安田フィロソフィー」に基づき、お客さまに「確かな安心を、いつまでも」届けるとともに、「信頼を得て選ばれ続ける、人に一番やさしい生命保険会社」となることをめざしている。
同社では、コンプライアンスについては、「法令・社内規程等のルールを遵守することにとどまらず、社会的良識に基づいて公正・誠実に行動すること」であると考えており、企業ビジョンを実現するためには、役職員一人ひとりがコンプライアンスを実践することが前提であるとの考えのもと、コンプライアンスを推進している。
2023年2月に生命保険協会において、生命保険各社の営業職員チャネルにおけるコンプライアンス・リスク管理の取組みをいっそう後押しするため、「営業職員チャネルのコンプライアンス・リスク管理態勢の更なる高度化にかかる着眼点(以下、「着眼点」)」が取りまとめられた。
同社における営業職員チャネルのコンプライアンス・リスク管理態勢の高度化にかかる取組みの透明性・実効性を高め、「信頼を得て選ばれ続ける、人に一番やさしい生命保険会社」となるために、同社がこれまで行なってきた主な当該取組み、および今後の取組みの方向性について、「着眼点」の項目に沿って整理したうえで公表する。
なお、2023年度以降の取組みについては、これまでの取組みの振り返りとあわせて、今後定期的に公表する予定である。引き続き、各種取組みの透明性・実効性を高めながら、同社のコンプライアンス・リスク管理態勢のいっそうの高度化に努めていく。
詳細は、別冊資料「同社における営業職員チャネルのコンプライアンス・リスク管理態勢のさらなる高度化に向けた取組状況のご報告」を参照。
■別冊資料:https://www.meijiyasuda.co.jp/profile/news/release/2023/pdf/20230719_01.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

かんぽ生命、国内公募劣後特約付無担保社債の発行に係る条件決定

生保

日本生命、シンガポール子会社がインド子会社を設立

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債を発行

生保

第一生命ホールディングス、米国子会社プロテクティブ社によるShelterPoint社を買収

生保

明治安田生命、団体年金保険(一般勘定)の予定利率を引き下げる一方で利率上乗せ特則を導入し3年間は実質利率アップへ

損保

アニコム損保、有限会社ワンラブと代理店委託契約解除が成立

生保

明治安田生命、新作CM「ベストスタイルGoodCycle」篇を放映開始

損保

三井ダイレクト損保、本社ビル女性トイレに「OiTr(オイテル)」を導入

生保

アフラック生命子会社「SUDACHI少額短期保険株式会社」、「アフラック少額短期保険株式会社」へ社名変更

生保

住友生命、シンガポール駐在員事務所を設立

関連商品