新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

明治安田生命、健康への気づき・チェックから健康づくりまで、「健康活動サイクル」を駅から創出

明治安田生命は、「ひとに健康を、まちに元気を。」をテーマに「みんなの健活プロジェクト」と「地元の元気プロジェクト」を、東日本旅客鉄道株式会社(代表取締役社長:深澤祐二、以下「JR東日本」)は、「BeyondStations構想」で掲げる「スマート健康ステーション」を推進している。
〇このたび2社の協働により、「健康増進」をテーマにしたさまざまなサービスと駅の持つ利便性・機能性を掛け合わせることで、「健康への気づき」「健康チェック」から「健康づくり」までの「健康活動サイクル」を駅から創出する。
〇首都圏では、通勤途中やおでかけの際に健康チェックをスマートに行える体験ポイントを「Beyond
Stations構想」のモデル駅である秋葉原駅に設置し、「スマート健康ステーション」を拡げていく。また、各地域では、駅周辺のオフィスワーカーや近隣居住者に向けて健康測定や健康増進相談を日常的に行える機能を駅に設置する。
1.駅からはじまる「健康活動サイクル」
人々の生活動線上である駅において、「健康活動サイクル」の接点を拡充することで、「スマート健康ステーション」を推進する。リアルが持つ強みにオンラインを掛け合わせ、健康 増進につながるシームレスな体験を通じて生活圏を拡充し、周辺企業で働くみなさま、地域のみなさまの健康・くらしを豊かにする。
2.首都圏での取り組み
概要
・名称:「エキナカ健康チェックポイント」
・期間:2023年7月10日(月)~8月9日(水)11:00-20:00
※日程・時間短縮や実施内容の変更、および実施の中止をする場合がある。
・場所:秋葉原駅3F6番線ホーム乗換コンコース上
・主催:明治安田生命保険相互会社
・共催:東日本旅客鉄道株式会社
3.地域での取り組み
(1)概要
・名称:「エキde健活チェックコーナー(仮称)」
・時期:2023年度下期(予定)
・場所:東北エリアのターミナル駅
(2)具体的な内容
①定期的な健康チェックイベント
現状の気づきと改善効果検証のための定期的なチェック機会を提供する。
②健康増進イベント
健康増進のための行動変容につながるイベントを実施する。
③健康プログラム連携
健康チェックの結果に応じた改善策の情報提供とともに、「駅からハイキング」などさまざまな健康プログラムとの連携を図っていく。
4.今後の方向性
健康増進をきっかけとした他エリアとの交流や関係創出に寄与していくことで、地域での展開を拡大する。また、明治安田生命の「地元の元気プロジェクト」における地域に根差したさまざまな取り組みと連携し、豊かな地域づくりをサポートしていくことで、地域との連携も拡大する。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、団体年金保険(一般勘定)の予定利率を引き下げる一方で利率上乗せ特則を導入し3年間は実質利率アップへ

生保

明治安田生命、新作CM「ベストスタイルGoodCycle」篇を放映開始

生保

明治安田生命、2024年度新入職員向けメッセージ を公表

生保

明治安田、新企業イメージCM「明治安田ブランドステートメント」篇を放映開始

生保

明治安田生命、“地元のひとが元気になる空間”「明治安田ヴィレッジ」にて謎解き企画を開始

生損

明治安田生命、損保ジャパン、第一生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈

生保

明治安田生命、事業者としてのCO2排出量の削減目標を引き上げ

生保

明治安田生命、「MY Mutual WayII期」(2024~2026年度)を策定

生保

明治安田生命、オリジナルの健康指標「健活年齢」を展開

生保

生保7社、企業年金の制度管理事務における共通プラットフォームの構築完了

関連商品