新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生命、NISSAYペンギンプロジェクト 子育て現役世代の大規模実態調査

日本生命は、「NISSAY ペンギンプロジェクト」の一環として、6歳以下の子どもを持つ一般の人々を対象に、「子育て現役世代の大規模実態調査」を実施した。
◆アンケート結果のポイント
【ポイント① 子育てとお金について】
・子育て費用について「精神的な負担を感じる」と回答した人は全体で70.3%、世帯年収1,000万円以上でも57.0%となった。
・子育て費用が「不足している」と回答した人は全体で84.0%となった。
【ポイント② 子育てと支援環境について】
・公的支援制度・サービスの認知度は制度・サービスごとに差が見られた。
・最も認知度の高い「児童手当」と、最も認知度の低い「家庭的保育事業(保育ママ)」では、「内容まで理解している」の占率に69.6ポイントの差が見られた。
【ポイント③ 子育てと仕事について】
・代表的な制度として「育児休業」は70.3%、「短時間勤務」は50.5%の人が自分の職場にあることを知っているものの、実際に利用したと回答した人はそれぞれ40.5%と20.1%となった。
・子どもの発熱時に「自分が休む(付き添う)」と回答した人は女性88.1%、男性15.7%となった。
【ポイント④ 子育てと親の気持ちについて】
・子育ての悩みで最も多かった回答は男女ともに「金銭面」で69.2%となった。
・「自分の気持ちのコントロール」では女性56.0%、男性29.2%、「ワンオペ育児」では女性30.1%、男性9.4%と、男女で差が見られた。
・理想的な子育てをしていると感じる著名人は父親が1位「つるの剛士」、母親が1位「辻希美」となった。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、「上司が挑戦していないとモチベが下がる」若手が約6割、社会人800名を対象に【挑戦に関する意識調査】を実施

生保

ライフネット生命、認知症に関する調査を実施

生保

日本生命、シンガポール子会社がインド子会社を設立

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債を発行

生保

日本生命、奈良県と「連携と協力に関する包括協定」を締結

生保

日本生命、一時保育マッチングサービス「ちょこいく」を事業化

生保

日本生命、2024年度入社式社長挨拶を公表

損保

au損保、自転車利用時のヘルメット着用率を調査

生保

エヌエヌ生命、中小企業の賃上げとリスキリングに関する調査

損保

アイペット損保、ペットの支出に関する調査を実施

関連商品