新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上プライマリー生命、スマートフォン完結型の変額年金保険『AHARA(アハラ)』を発売

三井住友海上プライマリー生命は、「資産形成を気軽にはじめたい」というお客さまニーズに応える新たな資産形成商品として、みんなの銀行が提供するAPIを活用した日本初※1のスマートフォン完結型の変額年金保険『AHARA(アハラ)』※2の販売を5月29日から開始した。
AHARA(アハラ)は「“資産(Asset)”形成が多くの人に“喜び(Chara:ギリシャ語)”を与えるように」の意味を込めた造語である。
同商品は、商品内容の説明、申込み手続き、契約内容の確認・変更、保険料の追加積立てなど、全ての手続きがスマートフォンで完結する※3。保険料は最低500円から申込み・加入でき、定期的もしくは任意のタイミングで、追加で積み立てることができる。販売開始後もお客さまの声を踏まえサービス内容や操作性等を機動的にバージョンアップしていく予定である。
◆AHARA(アハラ)の主な特徴
・Point1 500円から加入して積み立てることができる
500円の保険料からの申込みで加入できる。
保険料は、生命保険料控除(一般の生命保険料控除)の対象となる※4。
申込みの手続きは全てスマートフォンで完結でき、本人確認書類の撮影・提出は不要である。
・Point2 自由なタイミングで積み立てることができる
保険料の追加積立は、500円から100円単位で毎月の指定日もしくは任意のタイミングで行うことができる。
毎月の指定日と積み立てる保険料は、契約者がスマートフォンから自由に変更することができる。
・Point3 お客さまの負担いただく費用を低く抑えている
みんなの銀行のAPI活用や手続きのデジタル化により、お客さまに負担いただく費用を低く抑えている。
一部解約を含む解約時の手数料(解約控除)は不要である。
※1 市場リスクを有する生命保険商品(特定保険契約)の申込みから契約成立までをネット完結できる商品は日本初となる(2023年5月時点。同社調べ)。
※2 AHARA(アハラ):「“資産(Asset)”形成が多くの人に“喜び(Chara:ギリシャ語)”を与えるように」の意味を込めた造語。
※3 同社が引受保険会社としてインターネット上で直接保険募集を行う。契約に際しては、保険料振替口座として、みんなの銀行の普通預金口座が必要になる。なお、みんなの銀行は保険募集代理店ではない。
※4 税制上の取扱いは2023年5月現在の税制に基づくもので、将来変更される可能性がある。なお、個別の税務取扱いについては所轄の税務署もしくは税理士等に確認ください。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ライフネット生命 自治体のパートナーシップ証明書の提出でも同性のパートナーを死亡保険金の受取人に指定が可能に

損保

あいおいニッセイ同和損保、訪問看護事業者向けに自転車事故時の示談交渉費用を補償

生保

第一生命、ペアローン利用者の連生団体信用生命保険の取扱開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、三井住友銀行・SMBC日興証券を通じ、『賢者の終身保険』を販売開始

生保

PGF生命、みずほ銀行で「きずなの終身」を販売開始

生保

PGF生命、北洋銀行で「そだてる年金US」を販売開始

生保

メットライフ生命、変額保険「ライフインベストアドバンス」を発売

損保

共栄火災、Finatext、スマートフォンから加入できる「小・中学生総合補償制度」を福島県PTA連合会に提供開始

損保

三井ダイレクト損保、WAON POINTがもらえる「イオンのほけん相談 自動車保険」「イオンのほけん相談 バイク保険」の提供開始

共済損保

こくみん共済coop〈全労済〉、4月に「住まいる共済」改定

関連商品