新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大同生命、大阪本社ビルが大阪市の「生きた建築ミュージアム・大阪セレクション」に選定

大同生命は、5月9日に、大阪市が運営する「生きた建築ミュージアム」(以下「本事業」)の「大阪セレクション」に、同社大阪本社ビル(大阪市西区)が選定された。
同ビルは、同社の礎を築いた江戸時代の豪商・加島屋(かじまや)が店を構えた地にある。1925年、米国人建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計で旧肥後橋本社ビルを建設。 その後1993年に、旧ビルのデザインを引き継いだ現在のビルを竣工した。
本事業では、2013年度より、新たな都市魅力の創造・発信に資する建築を「大阪セレクション」として選定しており、今回、同社大阪本社ビルを含めた47の建築物が新たに選ばれた。
同社は、今後もこうした事業への参画等を通じて、創業の地・大阪の魅力の発信に努めていく。
<大同生命大阪本社ビルの概要>
所在地 大阪市西区江戸堀1丁目2番1号
規模 地上19階・地下3階
構造 S・RC・SRC造
高さ 88.8m
延べ 床面積28,034m2
設計 日建設計・一粒社ヴォーリズ建築事務所
施工 竹中工務店ほか
竣工 1993年10月

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、「(仮称)錦三丁目25番街区計画」の建物名称を「ザ・ランドマーク名古屋栄」に決定

損保

東京海上ホールディングス、東京海上日動が保有するトヨタ自動車普通株式の一部を応募することを決定

損保

MS&ADホールディングス、トヨタ自動車との株式の一部持合解消を実施

生保

SOMPOひまわり生命、本社機能を損保ジャパン霞が関ビルへ移転

生保

太陽生命、大同生命、富士フイルムホールディングスが発行する「ソーシャルボンド」へ投資

損保協会・団体

損保協会、「令和7年度税制改正要望」を決定

生保

東京海上日動あんしん生命、「お客様本位の業務運営方針」に基づく2023年度取組状況等の公表

生保

三井住友海上あいおい生命、「営業職員チャネルのコンプライアンス・リスク管理態勢の更なる高度化にかかる着眼点」を踏まえた取組状況を公表

生保

SOMPOひまわり生命、「お客さま本位の業務運営方針」2023年度の取組状況を公表

生保

ジブラルタ生命、「お客さま本位の業務運営に関する方針」に係る成果指標(KPI)および2023年度の取組状況を公表

関連商品