新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大同生命、インパクト投資ファンドに出資

同生命、インパクト投資ファンドに出資
大同生命は、米国の大手オルタナティブ運用会社であるTPG社の関連会社が運営する「The Rise Fund III,L.P.」(以下「本ファンド」)に出資することを決定した。
本ファンドは、「教育」「ヘルスケア」「食糧・農業」「気候・環境保全」等に関わる企業に投資することで経済的リターンを獲得するとともに、国連が提唱する持続可能な開発目標であるSDGsに貢献する環境・社会的インパクトの創出を目的としており、欧州SFDR(サステナブルファイナンス開示規則)における第9条(サステナブル投資を目的とする金融商品)に該当している。
同社は、「T&D保険グループESG投資方針」に基づき、「責任投資原則(PRI)」の考え方や、SDGsなどを踏まえ、環境・社会・企業統治の課題を考慮する「ESG投資」に積極的に取り組んでおり、環境・社会的課題の解決に資する本ファンドへの投資は、こうした取組みの一つである。
引き続き、責任ある投資家としての責務を果たし、サステナブルな社会の形成に貢献できるよう努めていく。
本ファンドの概要>
名称 The Rise Fund III,L.P.
運用会社 The Rise Fund GenPar III,L.P.
投資対象 一定以上の環境・社会的インパクトの創出が期待できる未公開企業の株式
ファンド総額 30億米ドル(募集上限金額)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

かんぽ生命、インパクト投資にかかる国際的なネットワークGIINへの国内生保初の加盟

生保

T&Dホールディングス、太陽生命、大同生命、T&Dアセットマネジメント、生物多様性に関するイニシアティブ「Spring」への参画

生保

大同生命、コールセンターがHDI「五つ星認証」を取得

生保

大同生命、「スポーツエールカンパニー」「東京都スポーツ推進企業」に認定

生保

大同生命、東洋大学と共同研究を開始

生保

大同生命、中小企業の2023年の振り返りアンケート~課題解決は進展するも道半ば

生保

大同生命、日本女子大学生涯学習センターで寄付講座「業務効率を上げるタイムマネジメント」を開催

生保

大同生命、インパクト投資ファンドに出資

生保

大同生命、「人材採用・育成支援サービス」の提供開始

生保

大同生命、従業員の「がん検診受診率」は46%に上昇

関連商品