新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生命、2023年度組織改正を実施

日本生命は、次のとおり、組織改正およびを行う。
●2023年度組織改正について(2023年3月25日付)
1.国内保険市場における態勢の強化
〇東京都心集積マーケットにおける職域開拓の諸課題を早急に解決する観点から、同マーケットの職域・中堅企業開拓および開拓人材の確保・育成を担う組織として、「都心職域特別本部」を新設する。
なお、「都心職域特別本部」の傘下には、「東京中央総合支社」、「法人市場第一~三部」および「都心法人営業部」※を配置する。
※「首都圏法人営業第一部」を「都心法人営業部」に名称変更
(上記に伴い、「首都圏法人営業第二~四部」は、それぞれ「首都圏法人営業第一~三部」に名称変更)
〇営業本部を設置する3大都市圏(首都圏・近畿・東海)同様、本部直轄支社に対する支援・フォローを強化する観点から、「業務部」内に「本部地域支援室」を新設する。
〇デジタル時代における新たな営業職員活動モデルの構築・定着を一層加速させる観点から、活動モデルおよびデジタルツールの企画・開発ならびにそれらの定着に向けた現地教育を担う組織として、各機能を集約の上、「新活動推進室」を「業務部」から「営業教育部」に移管する。
〇大企業マーケットにおいて、より効率的な開拓態勢を構築する観点から、「法人第二営業本部」を7部体制から6部体制に再編する。
(上記に伴い、「総合法人第十二部」は収束)
〇公務・広域マーケットにおける戦略策定・開拓支援態勢を強化する観点から、「市場開発室」の機能を「法人営業企画部」および「法人営業推進部」に集約する。
(上記に伴い、「市場開発室」は収束)
2.サステナビリティ経営の推進
〇事業運営の根幹に据えているサステナビリティ経営について、全社一丸となって、さらに積極的な取り組みを展開していく観点から、サステナビリティ経営に関する全体企画・統括を担う組織として、「総合企画部」内に「サステナビリティ企画室」を新設する。
3.DX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組み強化
〇お客様や社会への新たな価値の提供に向けて、DX戦略の企画態勢を強化する観点から、「DX戦略企画部」を新設する。
4.その他
〇2025年大阪・関西万博の開催に向けた取り組みを強化する観点から、「大阪・関西万博推進部」を新設する。
〇米国内における市場調査やグループ会社経営管理等を担う現地法人※の設立に伴う諸手続きが完了したことに伴い、「ニューヨーク事務所」を収束する。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命・大樹生命、初の共同開発商品・平準払外貨建養老保険「ドリームツリー」発売

生保

日本生命、第5回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」投資家部門で金賞(環境大臣賞)受賞

損保

東京海上ホールディングス、「グループ監査委員会」を設置

損保

東京海上ホールディングス、自己株式を消却

協会・団体生保

生保協会、スチュワードシップ活動ワーキング・グループによる協働エンゲージメントを実施

生保

第一生命ホールディングス、公開買付届出書の訂正届出書提出に伴う「株式会社ベネフィット・ワン株式に対する公開買付けの開始に関するお知らせ」の変更を発表

生保

日本生命、日本政府が発行するクライメート・トランジション利付国債へ投資

損保

SOMPOホールディングス、株式分割および株式分割に伴う定款の一部変更を実施

損保

大同火災、「キャリアアップ合同研修」実施報告

生保

住友生命、国際イニシアティブ「Spring」および「NA100」に加盟

関連商品