新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

SOMPOひまわり生命、「健康をサポートする変額保険 将来のお守り」を発売~業界初となる健康状態に応じて積立金が変動する仕組みを導入

SOMPOひまわり生命は、5月8日から、Insurhealth(R)(インシュアヘルス)商品第10弾として、変額保険(ペットネーム「健康をサポートする変額保険 将来のお守り」)を発売する。
本商品は、万が一の死亡保障に加え、現役世代の資産形成を行う上で大きなリスクとなる就労不能や介護などの「働けない」状態を手厚く保障する。さらにお客さまの健康状態に応じて資産形成の効果を高めることができる「健康積立金」の仕組み、保険料払込期間終了後も特別勘定での運用を継続できる第2保険期間など、業界初となる仕組みを導入した。
同社は、お客さまの万が一と毎日の健康を応援する「健康応援企業」の確立をビジョンに掲げ、保険本来の機能(Insurance)に健康をサポートする機能(Healthcare)を加えた「Insurhealth(R)(インシュアヘルス)」を、新たな価値として提供している。この商品は、人生100年時代においてお客さまの健康で豊かな生活をサポートすることを目的に、万が一の保障と健康状態に応じた計画的な資産形成など、以下4点をコンセプトとして開発した。
●健康をサポートする変額保険 将来のお守りの主な特徴
○<ポイント1>【業界初※】Insurhealth(R)(インシュアヘルス)の価値提供
・喫煙状況や健康状態に応じて積立金を加算
各健康ステージに応じて健康積立金を、毎月積立金に加算
・「健康☆チャレンジ!制度」の導入
加入時に健康ステージを適用できなかった場合でも、健康ステージの適用もしくは変更にチャレンジ可能
○<ポイント2>【業界初※】基本保険金額保証のない第2保険期間を設定
コストを抑えて特別勘定による運用を継続しながら、積立金をいつでも活用することが可能
第2保険期間は、積立金による死亡・高度障害の保障を確保しながら、運用継続を可能とし、お客さまの経済状況などに応じて、いつでも積立金を活用することが可能
第2保険期間は基本保険金額の最低保証をなくし、災害時の保障のみとすることで運用コストを抑制
○<ポイント3>万が一の死亡保障に加え、現役世代に必要な保障を確保
第1保険期間(保険料払込期間)中は、死亡・高度障害に加え、就労不能状態・要介護状態を保障
○<ポイント4>三大疾病罹患時にも資産形成を継続可能
変額用保険料免除特約を付加した場合、三大疾病罹患時にも安心して資産形成を継続可能
※2023年2月20日現在 同社調べ

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、凍結卵子専用保険の提供開始

損保

損保ジャパン、中小企業や個人事業主向けウェブ完結型保険商品の提供を開始

生保

日本生命・大樹生命、初の共同開発商品・平準払外貨建養老保険「ドリームツリー」発売

生保

T&Dフィナンシャル生命、変額終身保険(災害加算・Ⅰ型)「ハイブリッド おまかせ ライフ」を開発販売

生保

SOMPOひまわり生命、全国健康保険協会和歌山支部と「健康経営の普及を目指した相互協力・連携にかかる覚書」締結

生保

ライフネット生命 自治体のパートナーシップ証明書の提出でも同性のパートナーを死亡保険金の受取人に指定が可能に

損保

あいおいニッセイ同和損保、訪問看護事業者向けに自転車事故時の示談交渉費用を補償

生保

第一生命、ペアローン利用者の連生団体信用生命保険の取扱開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、三井住友銀行・SMBC日興証券を通じ、『賢者の終身保険』を販売開始

生保

PGF生命、みずほ銀行で「きずなの終身」を販売開始

関連商品