新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アクサ生命、『Emma byアクサ』で契約者向け新デジタルサービスAI症状チェッカーを提供

アクサ生命は、2月21日から、契約者を対象に、早期治療につながる行動を促す新たなデジタルサービス「アクサのAI症状チェッカー」の提供を開始する。
同社は、お客さまの利便性向上を目指したデジタル化推進の一環として、契約者向けウェブサービス『Emma byアクサ(エマ バイ アクサ)』を提供し、機能の拡充に継続的に取り組んでいる。Emma by アクサでは、お客さまのデジタル体験をよりわかりやすく、親しみやすいものとするため、アバターの「Emma(エマ)」が登場し、チャットボットやLINEを含むデジタルツール上のナビゲーターとして、各種サービスを案内している。
このほど、Emma byアクサ利用者向けに新たに導入する「アクサのAI症状チェッカー」は、お客さまが体調に異変を感じた際に、エマの質問に沿って自覚症状や持病に関する情報を入力すると、その場ですぐにAIが可能性のある病名や緊急度を予測・提示。また、AIが考えられる病気について情報提供する際には、受診の遅れによる重症化を防ぐため、次に取るべき行動をアドバイスする。画面構成は直感的で操作がしやすく、インターネットで24時間365日、いつでもどこでも簡単に利用できる。
*本サービスは、ティーペック株式会社の監修のもと、TECKEL MEDICAL S.L.(Mediktor)が提供
*本サービスは、アクサ生命が提供する保険商品の一部を構成するものではない。また、情報提供を目的とし、医療機器・医療行為に代わるものではない。診断・治療を必要とする場合は適切な医療機関を受診のこと。投薬の開始・中止や医学的判断などは医師や医療の専門家に従うこと。万一、サービス提供を受けた結果、損害が発生してもアクサ生命は責任を負いかねる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アクサ生命、『ユニット・リンク』シリーズの特別勘定を拡充

生保

メットライフ生命、「もし100専門家サポート(商品付帯サービス)」に契約消滅後も継続利用できる新制度や2つの専門デスクを導入

損保

東京海上日動、マイナンバーカードの公的個人認証サービスを利用した保険契約手続き開始

損保

セゾン自動車火災、防災意識向上のきっかけに「ソナエる意識向上月間2024」を開催

生保

日本生命、PHRを活用した「みなし健診」サービスの提供開始、日本航空健康保険組合が参画決定

生保

大同生命、中小企業向け「サステナビリティ経営実践ガイド」発行

生保

アクサ生命、埼玉県教育委員会およびエフエムナックファイブと確かな学力の育成・自立する力の育成に関する連携協力協定を締結

生保

ネオファースト生命、健診結果改善サポートアプリ「Neoコーチ」10万ダウンロード達成、ユーザー体験の向上に向けた機能追加

損保

三井住友海上、AI音声による事故受付サービスを開始

生保

アクサ生命、鹿児島県と健康経営および働き方改革の推進に関する連携協定を締結

関連商品